電子ブック|詳細画面
カテゴリ:生活・スポーツ(25/31)

生化学でわかる体と健康 : 日和佐 隆樹 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 生化学でわかる体と健康

著者: 日和佐 隆樹  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 生活・スポーツ
ページ数: 196
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

近年、空前の健康ブームで出版物は多数にわたり、テレビや週刊誌でも健康に関する話題が多数取り上げられている。病気に関する話題は臨床の専門家による解説が主であり、健康維持に関しては栄養学の専門家の解釈がよく取り上げられている。しかしながら、よく聞いてみると、専門家と称する人の言っていることはばらばらである。酒、コーヒー、日光、コレステレロールなど、健康によいと言われたり、悪いと言われたりする。私は長年生化学一筋で研究を続けてきた生化学者である。医師ではない。生化学の立場で理解しようとすると、他の専門家の人達とはまた別の理解が可能になる。「生化学」とは生命活動を最も小さなレベル(分子、原子レベル)で理解する学問である。DNA鑑定に代表されるような分子生物学や遺伝子工学も生化学に含まれる。DNA鑑定で個人が特定されれば、それが間違っている確率は4兆7千億分の一と言われ、その結果が絶対の真実であると理解できる。それは分子レベルで理論的に説明できるからである。いわゆる「科学的証拠」であり、状況証拠ではない。そこで本書では、この生化学を基本に病気や健康、そして日常生活の不思議について再考してみたいと思う。

著者のプロフィール

愛媛県出身
1975年 東京大学理学部生物化学科卒
1980年より 千葉県がんセンター研究所研究員
1997年より 千葉大学医学部助手、講師、助教授を経て現在、千葉大学大学院医学研究院准教授
理学博士

ブログサイトURL:
http://biochemist.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

著者からの書籍PR

テレビ、マスコミの健康番組のウソ
医者だったら言えないこと
簡単な肩こり、腰痛解消法(自分の身は自分で守れ!)
すぐできる理論的スポーツ上達法
 等を満載!

たとえば、健康に悪影響があるとして誰もが嫌うコレステロール。しかしコレステロールは決して悪者ではなく、むしろコレステロールの値が高い人ほど長生きする。このことは医者はわかっていても決して口に出せない。何故ならコレステロールを減らす薬が売れなくなるからである。薬が売れなくなると病院や医者が儲からない。そうすると製薬会社の利益が減少し、結果として大学教授への研究費供与が減少する。全国の医師は出身大学の講座と学会が統括しており、そのトップに君臨するのは大学教授である。学会の指導に背いて薬を処方しないということはあり得ないのである。