電子ブック|詳細画面
カテゴリ:歴史・哲学・地理・宗教(56/88)

原始仏典 全訳『法句経』 「訓読」「読み下し」「原文」附 : 宮澤 大三郎 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 原始仏典 全訳『法句経』 「訓読」「読み下し」「原文」附

著者: 宮澤 大三郎  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 歴史・哲学・地理・宗教
ページ数: 502
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

法句経(ほっくきょう)はパーリ語で『ダンマパダ』と言います。ブッダの在世時代から直弟子たちの時代までの仏教を原始仏典と言います。法句経はその原始仏典の一つと言われております。

漢訳の法句経は39章から成り立っています。
『ダンマパダ』は26章に分かれています。
つくられたのは紀元前200年ころと言われています。

「ダンマ」は「法」と訳され、ここでは「徳、真理、基本、教え」の意味で、「パダ」は「語、ことば、詩句、賛歌、道、小径」の意味となります。
法句経の、法句とは「真理のことば」を意味しますので法句経とは「真理のことばの経典」と言う意味になります。

本書の訳文は大正新脩大藏經No、210の漢訳発句経を翻訳したものです。
従って、お釈迦さんが説かれた教えに最も近い教えです。仏教の教えのすべてが書かれている仏典で、宗派を問わず研究されてきた仏典です。
原文は詩の形式になっていますが、本文では、解り易い様に、散文で翻訳しています。

著者のプロフィール

宮澤 大三郎(ミヤザワ ダイザブロウ)

略歴 大正12年生
   北海道帯広市出身
学歴 札幌逓信講習所普通科卒業
   佛教大学文学部佛教学部仏教学科卒業
資格 あん摩・マッサージ・指圧師免許

経歴
戦前は公務員。
元 宮澤治療院院長。
現 気功師・気功療法普及。

東洋思想・東洋医学・佛教・気功・食事療法に興味を持ち研究。
戦後は軍隊より復員後、自然の法則を研究して神秘の世界に興味を持ち、昭和21年より指圧師・気功師として治療院を開業。(途中6年半整形外科に勤務)
その間、漢方(経絡の研究)・整体・操体・カイロプラクティック・食養・占術等を学ぶ。
昭和25年ころより呼吸法による精神統一等々を経て不思議な体験をする。

他の出版物
『佛説大安般守意経解読書』
『心の世界』(求道物語)
『気功療法の応用』(呼吸・瞑想・気功・食養)