電子ブック|詳細画面
カテゴリ:研究・ノンフィクション(75/78)

霊能発現の原理 寝たきりにならずに死ぬにはどうしたらいいか : 武井 蘭峰 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 霊能発現の原理 寝たきりにならずに死ぬにはどうしたらいいか

著者: 武井 蘭峰  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 研究・ノンフィクション
ページ数: 344
サイズ: B6

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

多くの人(特にお年寄り)は、いかにしたら体が元気なうちにコロッと死ねるか、あるいは、寝た切りにならずに死ぬにはどうしたらいいか、その方法を知りたいと思っている。

その方法を知るには、3次元のお医者さんでは無理である。というのは、「死」とは霊(魂)が肉体を去って霊界に行くという、非常に霊的な現象であるから、霊的知識を有した者でないと、決して分からないのである。

著者は滝にうたれ断食、深山にこもって瞑想・祈祷に専(せん)心(しん)して50有余年の行の末、ついに「ピンピンコロリ」する方法を悟り、ここに開陳した。まさにこの本は50数年の「行の結晶」の賜物といえる。それを読者は2,800円(税別)で(著者が50数年かかって知り得た情報・知識を)知ることが出来るのである。これが「得な話」でなくてなんであろうか。

霊能発現の原理、いかにしたら自己の霊力・念力を強くすることが出来るか、あるいは著者が祈念の力で数百万円、数千万円稼いだ話、世にも珍しい心霊写真が撮れるようになった話、万物に宿る宇宙語の話、十字架像が浮かび出る世にも不思議なテラファイトの話、誰でも出来る簡単に楽して断食する方法等興味つきない話が満載で、ぜひご購読を乞う。また、著者はいずれ肉体のまま(アセンションして)霊界に行き、同時に縁ある多くの人々をも共に連れて行くようになると言っている。そのことは別著「花山に仙人を求めて」に詳しく書かれている。これまでは一般の人は不可能であったが、今は神の恩(おん)寵(ちょう)により(望めば)誰でも霊界に肉体をもって入れるようになった―と著者はいう。今はアセンションの時代だからだ。これらの情報を読み損じたら、生涯の損失となるだろう。知らぬことくらい、大なる損はないのである。情報は身を助く。積極的に知ることを求めたいものである。

著者のプロフィール

武井 蘭峰(たけい らんぽう)

本名 常松 三峰(つねまつ さんぽう)
生年月日 昭和17年7月24日生まれ
学歴 同志社法学部 3年で中退

著書
「異言表出法奥義書」
「あなたを変えるものは、間脳言語だ」
 改題「長寿の秘訣は法身の固成にあり」
「写真を撮ると白光のパワーが写る世にも不思議な霊ペンダントの話‼」
「死の技術」
「エホバの真相(地球外生命体が明かす聖書の衝撃の真実‼)」

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  • (登録がありません)