電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(40/186)

この世に生きて ―静枝ものがたり― : 今西 薫 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: この世に生きて ―静枝ものがたり―

著者: 今西 薫  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 246
サイズ: 128×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

大正時代に生まれた静枝は幼い日に母を亡くす。泣き虫の静枝は運動が苦手である。それでも秘めた強さがあった。まず、のどかな田舎に起こる事件が子供の目を通して描かれる。静枝は教師一家に生まれ育ち、学生時代に良き師と出会い、自らもそうなろうと邁進し、念願を果たす。

結婚適齢期になって縁談の話が持ちあがる。学生時代に憧れていた先生からのもあったが、資産家の次男との結婚を決意する。戦時下で人の心も荒んでいた。静枝には十分な食料もなく殺伐とした都会生活は耐えられない。夫に赤紙が来て一人暮らしになる。

やがて終戦になり、夫は帰還するが仕事を失う。主人の実家は「余裕住宅」と見なされ、他人を入れたくない義母の要求で夫の実家に入り女中扱いされる。

無職で無責任な夫に頼らず、経済的に自立するために復職する。赴任校は民主教育を盾に日教組が支配する自由放逸な学校であった。静枝は「師」としての矜持を忘れず、一人これに立ち向かう。

著者のプロフィール

1949年京都市生まれ。
関西学院大学法学部卒業
同志社大学英文学部修了(修士)
イギリス・アイルランド演劇専攻
元京都学園大学教授

著書
『21世紀に向かう英国演劇』(エスト出版)
The Irish Dramatic Movement: The Early Stages(山口書店)
New Haiku: Fusion of Poetry(風詠社)
Short Stories for Children by Mimei Ogawa (山口書店)
『イギリスを旅する35章(共著)』(明石書店)
『表象と生のはざまで(共著)』(南雲堂)
『詩集 流れる雲に想いを描いて』(風詠社)
『フランダースの犬・ニュルンベルクのストーブ』(ブックウェイ)
『心をつなぐ童話集』(風詠社)
『恐ろしくおもしろい物語集』(風詠社)
『小川未明&今西薫童話集』(風詠社)
『なぞなぞ童話・エッセイ集(心優しき人への贈物)』(ブックウェイ)
『この世に生きて 静枝ものがたり』(ブックウェイ)