電子ブック|詳細画面
カテゴリ:法律・社会科学・心理・教育(50/58)

経済入門TEXT : 福本 章 | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: 経済入門TEXT

著者: 福本 章  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: 法律・社会科学・心理・教育
ページ数: 98
サイズ: B5

書籍形式



売り切れ




 


本の要約

本書は、大学の経済学部ではない学生の皆さんは大学の半期で勉強するためのテキストです。したがって、経済学の学問的な部分はできる限り省略しています。そのかわりに、私たちが、日々生活する上で必要な知識として身につけるべき内容を、経済学の視点から集めました。
このテキストでは、そう言った経済の仕組みや、現在の経済の流れを、生活の視点で理解していくことを目指しています。
経済学は、決してお金儲けや財テクのための学問であるはずはないのですが、現在の経済は、私や皆さんのご両親が学んだ時代の学問としての経済学では、測れない流れによって様々な経済の指標が動いています。このことは、経済学を学問として知らなくても、生活していくためには誰でも必要な知識になったことを強く感じています。
本書は、大学生活において、この授業中だけを経済学の時間に使用するであろう学生の皆さんを対象に、大学の15コマ分の授業を想定した時間で、経済の現実問題に焦点を当て、学修することを目的としています。
学生の皆さんは、本書において様々な専門用語に出会い、経済についての基本的な理論も知識として吸収できることと思います。ただし、このテキストで学修する皆さんの中に、経済学者を目指す人は、おそらく居ないと思います。だからこそ、本書で学んだ知識は、皆さんが、これから大学を卒業し、社会人として活躍していくために、あるいは、人生で壁にぶつかった時、乗り越えていくための知恵に変えていただきたいと願っています。そのきっかけとなるテキストでありたいと思っております。

著者のプロフィール

福本 章(ふくもと あきら)

大阪成蹊大学芸術学部准教授、ラーニングコモンズ副センター長、高等教育研究所主任研究員、芸術学部キャリア教育委員長。岡山大学修士(経営学)。大手生命保険会社営業管理職、専門学校理事を経て現職。研究領域はキャリア教育、初年次教育、組織経営、人的資源管理。主な論文に「大阪成蹊大学芸術学部における初年次教育から始まる質保証の考察」大阪成蹊大学紀要,第3号,155-169.(第一共著者, 2016)がある。