電子ブック|詳細画面
カテゴリ:医学・歯学・薬学・看護・福祉(31/31)

高齢者住まい 種類と選び方 高齢者住まいアドバイザー検定公式テキスト : 一般社団法人高齢者住まいアドバイザー協会 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 高齢者住まい 種類と選び方 高齢者住まいアドバイザー検定公式テキスト

著者: 一般社団法人高齢者住まいアドバイザー協会  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 医学・歯学・薬学・看護・福祉
ページ数: 328
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種
※紙書籍の本文は全てモノクロです。

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

◎老後の高齢者住まい選びに必要な知識をすべて網羅した実務書
理想のシニアライフを実現するにはどのような知識が必要なのか?
自宅で最期まで過ごしたいという方はもちろん、将来家族に迷惑をかけたくない、理想の老後を過ごしたいという方にとって『老後の資金設計』『介護保険制度』『高齢者住宅・施設の種類』の知識は必要不可欠です。
本書では、年金のしくみから老後の資金設計、介護と自宅での暮らし、介護保険制度、高齢者住宅・施設の種類(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、認知症グループホーム、シルバーハウジング、シニア向け分譲マンション、URの高齢者向け住まい、生活保護者向けの高齢者住まい等)と選び方について詳しくまとめました。

◎介護離職防止のための一冊
親の介護を理由に、これまでの働き方が続けられなくなり「介護離職」をする人が社会問題になっています。政府も介護離職防止のために様々な対策を講じていますが、介護離職防止のためにまず必要なのは、介護保険制度や高齢者住宅・施設の情報や知識の周知・徹底です。本書は、介護離職防止のために必要な情報を網羅した一冊となっています。

◎高齢者住まいアドバイザー公式テキスト
高齢者が安心して生活できる社会の実現のためには、自宅と高齢者住宅のどちらが良いのか、転居する場合はどのような住まいが適切なのか、住まいの選択は本人とその家族の残された人生を大きく左右します。「高齢者住まいアドバイザー」は、自宅を含めた高齢者のための住まい選択の支援ができる知識や経験を身につけ、公正適格な情報提供に努めるとともに、その活動を通じて高齢者が安心して生活できる社会の実現に寄与します。
ケアマネジャー、MSW、介護職員、保険外交員、不動産業(宅建士)、銀行員、行政書士、民生委員などにおススメの資格です。
専門家はもちろん、理想のシニアライフを考えているすべての人のために必ず役に立つ一冊となっています。

著者のプロフィール

多種多様の高齢者住宅・施設について、正しい知識を普及することを目的として設立された一般社団法人。その担い手となる高齢者住まいアドバイザーの育成、高齢者住まいアドバイザー検定も実施しています。

協会理念
高齢者の住まいに関する正しい知識の普及を通じ、高齢者の生活の安定および質の向上を促進する。