電子ブック|詳細画面
カテゴリ:ビジネス・経済・経営(20/41)

会計学論考 : 織部 浩道 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 会計学論考

著者: 織部 浩道  書店: BookWay書店 

カテゴリー: ビジネス・経済・経営
ページ数: 52
サイズ: 128×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式










 


本の要約

会計学を考察する時、一般の著書では、わからないことについて、ふれてみた。
論理的観点から、その発端について、わかりやすく説明をした。
そして、伝票会計について、その取引と実務についてふれた、いわゆるユートピアといわれるものの中で、どう会計が、役立っているのか、歴史的考察と共に、述べている。
また、数字との関係も深いと思うので、数学的なアプローチもしている。
その他、関連分野にも言及している。
税制改革にも、論考を示しているので、戦後日本の情況がわかると思う。

著者のプロフィール

詩歌や絵を画き、経営研究・経済社会への参加等、ロイヤルフロンティア、新世紀会を通して行なっている。
経営実践で、何度もビジネスに挑戦している。税理士として、経営相談をした実践もある。
但し、車イス生活を送り、福祉社会への理想もある。
今を生き、明日へとつなげる人生に、自ら応援歌をかき、はげましている。

著者からの書籍PR

会計は、経理の中で、扱われているが、現在の実務では、複雑な処理も多い。
会計とは、どういう意味かをとらえ、実務上の基礎概念、理論上の推移を示した。
まず、取引の中で、会計学は、どう関わってくるのかということについて、ふれている。
税制との関連で、消費税との関係や変動所得にふれたことは大切な論点である。
また、数学の基礎となっている円周率ついて自論を展開した。それは、数学との関係が現在、非常に強くなってきたからだ。
会計学では、グラフ表示することもあり、それは、当然のことと言える。コンピューターとの関係もあり、その関連を示した。

著者のブログ

  • (登録がありません)