電子ブック|詳細画面
カテゴリ:研究・ノンフィクション(26/53)

冤罪疑惑「恵庭OL殺人事件」の謎を解く : 法律 太郎 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 冤罪疑惑「恵庭OL殺人事件」の謎を解く

著者: 法律 太郎  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 研究・ノンフィクション
ページ数: 240
サイズ: A5

特記:

電子書籍(2,200円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

恵庭OL殺人事件とは、平成12年、北海道恵庭市で、OLの焼死体が発見されたことにより発覚した、殺人事件である。
冤罪が疑われる謎多き事件、屈指のミステリー事件として、インターネット上でも大きく議論された事件である。
警察は、恋人を被害者に奪われた状況にあった、被害者の職場の同僚女性に疑いをかけ、自白を迫ったが、彼女は、一貫して無実を主張した。
検察官は、刑事裁判で、彼女が、自分の車内で、被害者を絞殺したと主張したが、彼女は、小柄な女性で、被害者よりも体格や体力が下回る。
裁判所は、彼女が、被害者を殺害することは「不可能であるとはいえない」と判断したが、はたして彼女は犯人なのか?
第1部「事実」では、本件事件の主要な事実が、整理して記載されている。読者も、推理小説のように考えることができ、楽しめることができる。
第2部「検討〜犯人は被告人か」では、プロの法律家である著者が、裁判所の判断を踏まえつつ、本件事件の謎を解くべく研究・検討した内容が記載されている。

目次
第1部 事実
第1章 事件関係者・関係先
第2章 事件当時(1)
第3章 事件前
第4章 事件当時(2)
第5章 事件後
第2部 検討〜犯人は被告人か
第1章 犯人の行動
第2章 被告人が犯人であることを推認させる間接事実
第3章 被告人が犯人であるとしたら、被告人は、どのように考えて、どのように行動したと考えられるか
第4章 被告人が犯人であるとした場合のその他の問題点
第5章 被告人が犯人ではないとした場合の問題点
第6章 結論

著者のプロフィール

法律 太郎(ほうりつ たろう)

平成12年 司法試験合格
法律太郎は、ペンネーム