電子ブック|詳細画面
カテゴリ:法律・社会科学・心理・教育(36/44)

社会保障の保守主義 : 岸 功 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 社会保障の保守主義

著者: 岸 功  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 法律・社会科学・心理・教育
ページ数: 358
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

(1)社会保障の解説書です。「経済と福祉の両立」という観点を重視しました。同時に、リバタリアンが社会保障に批判的である理由も重視しました。

(2)海外の社会保障の変遷を社会民主主義、自由主義、保守主義の観点から紹介しました。

(3)戦後の日本経済を概観した上で、日本型福祉社会から一億総活躍社会まで保守政権の福祉社会構想と社会保障政策、そして「世代間扶養」を紹介しました。

(4)社会保険、社会福祉、生活保護などの制度と、社会保障における保守主義的要素を紹介しました。

著者のプロフィール

1944年生まれ。
慶應義塾大学経済学部卒、同大学院社会学研究科修士課程修了、博士課程単位取得退学。
特殊法人社会保障研究所研究員、大正大学教授、関東学院大学教授を経て現在は無職。

単著
『社会保障分析序説』白桃書房

共著
「人口変動と社会福祉ニード」『社会福祉改革論(I)』東大出版会
「高齢化社会の中の福祉財政」『高齢社会の構造と課題』日本生命財団
「生活構造論による生活理解」『社会政策の社会学』東大出版会
 ほか

論文
「超長期モデルによる社会保障の推計」季刊社会保障研究
「都道府県別保護率格差と福祉サービスの受容」大正大学研究論叢
「都道府県別将来推計人口と福祉マンパワー」関東学院大学文学部紀要
 ほか