電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(155/171)

肉の監獄(下巻) : マルムス | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 肉の監獄(下巻)

著者: マルムス  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 278
サイズ: A6

特記:

電子書籍(550円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

愛娘を奪われた事による落胆から、丸山は統合失調症を発症する。
しかし、矢崎から被せられた借金があるが故、健康保険を作れない丸山は、海外より個人輸入した向精神薬を、医師の診断無しに使い始める。
これがきっかけとなり、薬物地獄に堕ちた丸山。
薬物依存症となった丸山に、薬物により覚醒してしまった、丸山の中に居るあの女が、更に追い打ちを掛ける。
「死んで仕舞えばいいのに」
終に身体を乗っ取られ、丸山は自虐の果てに逮捕、起訴され、刑務所へ。
刑務所の独房で、ひたすら、命と死に向き合う丸山。
自分は何故、生まれたのか。
何故、この様な苦しみの中を生きねばならないのか。
「死のう」
そう心に決め、刑務所を出た丸山。
そんな丸山に、ある転機か訪れる。

著者のプロフィール

昭和41年生まれ

平成22年頃より、小説サイト、Eエブリスタにて、本作品の執筆を機に、文筆を志す。

代表作に、「心霊よもやま話」「Shangri-la」「黄色いりんご」等があり、現在もEエブリスタにて、精力的に連載中

著者ブログ: マルムスの残飯

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  •