電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(152/180)

瞬きの偶然 : 杉山 実 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 瞬きの偶然

著者: 杉山 実  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 178
サイズ: 127×188

特記:

電子書籍(330円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

人生は偶然の積み重ね、それも一瞬の瞬きの瞬間に人生が変わる事も屡々、この物語は友人とドライブ中に事故でお金が必要に成り、風俗で短期間アルバイトをした麻由子が、偶然知り合った客に惚れられるが、目的を達成して未練を残さず去って、音信不通に未練を持った男性徹は、人生に失望の毎日、偶然十数年ぶりに麻由子の所在を知った。
麻由子は幸せな結婚をして子供の凜との平和な生活の前に徹が現れる。
過去の風俗嬢のバイトが……
事件の発生後も偶然が次々と起こり、意外な方向に進む。
小豆島、姫路、和歌山を舞台に偶然が織りなす、緊迫の展開。
本気の男性と風俗で稼ぐ事しか考えていなかった女性の考えの異なりが、事件を複雑にしていく。

著者のプロフィール

兵庫県在住。

著作:
朝霧(2015年)
今耳に風が囁く(2015年)
縁結(2015年)
瞬きの偶然(2016年)
舞い降りた夢(2016年)
幻栄(2016年)
居酒屋の親父(2016年)
神々の悪戯(2016年)
紫陽花(2017年)
偶然の誘い(2018年)
汚された宝石(2019年)
夜の蛾(2020年)
遠い記憶(2020年)
春霞(2020年)
春の滴(2020年)
コロナ感染殺人事件(2021年)
天空の城殺人事件(2022年)
甘い城(2022年)

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  •