電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(144/199)

松下村塾の夢 久坂玄瑞と立つ : かぜの風太 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 松下村塾の夢 久坂玄瑞と立つ

著者: かぜの風太  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 732
サイズ: 127×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

現代の普通の大学生である荒木優太は、ある日から、幕末の長州藩に生きる武家の若者として生活する夢を見始める。

その夢は一度や二度ではなく頻繁に見続け、しかも切れ目なく連続しため、本当に幕末で生きているように錯覚するほどだった。

夢の中の生活では、日本は欧米諸国から占領される危険が迫っていた。
荒木はその対策を考える吉田松陰が主宰する松下村塾で学ぶが、松陰が安政の大獄で処刑された後は塾の筆頭格である久坂玄瑞と行動を共にした。

松陰の死後、しばらくは世の動きを静観していた久坂だが、桜田門外の変で時勢が変化し始めるとその波に乗り行動を開始する。

 《中略》

幕末の若者がいかに純粋で必死に生きていたか、その心を学び、いつしかそれぞれが成長していく物語。

著者のプロフィール

海洋技術系大学にて海洋技術とともに環境倫理学を学ぶ。
卒業後、大型船の航海士として勤務する。
独学で幕末を中心とした歴史を学び、自分の学んだことをまとめる目的で、幕末の長州藩を中心とした小説を執筆。

著作:『松下村塾の夢 吉田松陰に学ぶ』BookWay書店 2014年
   『松下村塾の夢 久坂玄瑞と立つ』BookWay書店 2016年
   『松下村塾の夢 高杉晋作と歌舞く』BookWay書店 2016年

〇著者のブログ
Amebaブログ 松下村塾の夢
http://ameblo.jp/kazenofuta-1978/

著者からの書籍PR

幕末の長州志士、久坂玄瑞の生き様を現代の大学生目線でみていく話です。幕末の事件や久坂玄瑞に関わることは史実を基にしているので、フィクションではなく歴史として幕末を学びたい方にも向いていると思います。
また、それと同時に船の基本的な生活や環境問題にも触れています。それらに興味がある方にも読んで頂けたら幸いです。

著者のブログ