電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(73/179)

今耳に風が囁く : 杉山 実 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 今耳に風が囁く

著者: 杉山 実  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 252
サイズ: 127×188

特記:

電子書籍(330円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

小学二年生の真中結衣は、真夜中にトイレに行って外が異様に明るいので、夏に見た花火を思い出して、家の外に出る。
隣家の放火で結衣の家も類焼で家族全員焼死、結衣は児童養護施設に引き取られる。
数年後、個人の養護施設に毎年クリスマスに来る足長叔父さんの息子、近藤悠斗中学二年は結衣に興味を持って、交際を始める。
お金持ちの少年と孤児の温かなラブストーリーが始まる。
養護施設のお兄ちゃん渋谷修平と近藤悠斗、真中結衣の涙と喜びのストーリー、錦帯橋、宮島を舞台に、施設で育った結衣とお金持ちの息子悠斗が楽しい旅と寂しい旅をする。
夢の様な話の始まりです。

著者のプロフィール

兵庫県在住。

著作:
朝霧(2015年)
今耳に風が囁く(2015年)
縁結(2015年)
瞬きの偶然(2016年)
舞い降りた夢(2016年)
幻栄(2016年)
居酒屋の親父(2016年)
神々の悪戯(2016年)
紫陽花(2017年)
偶然の誘い(2018年)
汚された宝石(2019年)
夜の蛾(2020年)
遠い記憶(2020年)
春霞(2020年)
春の滴(2020年)
コロナ感染殺人事件(2021年)
天空の城殺人事件(2022年)

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  •