電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(33/171)

じじのアウトドア : 跡部 正明 | BookWay書店 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: じじのアウトドア

著者: 跡部 正明  書店: BookWay書店 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 126
サイズ: B6

特記:

電子書籍(439円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

もう良い歳になった、人生の先はまだ見えていないが、やり残したことのないようにと思って心の整理を始めたら分からないことばかり。なんで加齢は進むのか、なんで人間は寿命があるのか、これからの社会はどのように発展するのか、そして高齢者はどう生きるべきなのか。マスメディアには情報が氾濫しているが余りに多すぎて分からない。それではということで欲しい情報を収集して、自分なりに編集してみることにした。

1、「老後の世界」では高齢者とは何か、健康寿命の延長、生活改善について考えている。

2、「食の楽しみ」では高齢者の楽しみは食事であり、自分で作ることの喜びについて考えている。

3、「アウトドアの楽しみ」ではアウトドアを楽しんできた経緯と楽しみ方について考えている。

4、「心の世界」では心の健康について、宗教について、仏について、祈りについて考えている。

本書は老境に至りし者が食事とアウトドアを楽しみながら身体の健康の維持、心の健康の維持を考えています。

著者のプロフィール

跡部 正明(あとべ まさあき)

1945年、東京都に生まれ。東京工業大学卒業
2005年、日本電気(株)を定年退職
2010年、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構で主として非常勤社員の後に定年退職
2013年、一般財団法人 安全保障貿易情報センターで主として嘱託社員

定年退職後のリキッドモダン社会でのシニアの生活記録をホームページとブログに残しています。「キヨヱの山日記」、「じじのアウトドア」、「ナイスシニアのすすめ」の書籍を出版している。

ブログ:
キヨエの山日記
http://kiyoe-kiyoe.at.webry.info/

著者からの書籍PR

高齢期になっても、天命に従い繰り返されるのが人間の生活です。心と体のバランスを保ち、体を鍛え、ストレスを感じない生活を送りたいものです。ストレスは生体内に起こる生理的・心理的な歪ですが、自然との調和を保つことにより解決出来るようです。健康を維持するには食事を楽しみアウトドアスポーツが良いようです。ストレスをなくすには社会生活で仲間ができ、バランス感覚を高めるのが良いようです。このような思いで老後の健康について考えてみました。加齢者諸兄の参考にさせていただければ幸いと思っています。