電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(131/183)

朝霧 : 杉山 実 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 朝霧

著者: 杉山 実  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 274
サイズ: 127×188

特記:

電子書籍(330円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

昭和五十年代の始めの頃、田宮正造は大学を卒業して通勤を始めた。毎朝乗る満員電車に最近の映画のヒロインに似た短大生に一目惚れをしてしまう。
その女子大生の名前も住所もわからないが週に三度同じ車両で会う。なかなか話す機会のない中、彼女の友人たちとの会話から桜井弘子だと判明する。
好みの男優のコンサートのチケットにラブレターを入れて、気持ちを伝えようとするが天の悪戯か?
やがて二十年の歳月が流れて四十五歳の正造が見た現実は?
人は会わずに話さずに何年思い続けられるのだろう?
淡い恋心の青年の恋と愛、ストーキングと恋愛は紙一重の存在か?

著者のプロフィール

兵庫県在住。

著作:
朝霧(2015年)
今耳に風が囁く(2015年)
縁結(2015年)
瞬きの偶然(2016年)
舞い降りた夢(2016年)
幻栄(2016年)
居酒屋の親父(2016年)
神々の悪戯(2016年)
紫陽花(2017年)
偶然の誘い(2018年)
汚された宝石(2019年)
夜の蛾(2020年)
遠い記憶(2020年)
春霞(2020年)
春の滴(2020年)
コロナ感染殺人事件(2021年)
天空の城殺人事件(2022年)
甘い城(2022年)

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  •