電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(166/215)

海賊とアンナ : 望月 周穂 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 海賊とアンナ

著者: 望月 周穂  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 92
サイズ: 127×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種
※紙書籍の本文は全てモノクロです。

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

ローサリア国のアンナの身の回りで起きる様々な事件や目をおおうばかりの戦い。しかし、なぜいつの世にも戦争は起きるのか。また、ウォーリアやパイレットそして海賊との間には何があるのか。過去から届いた書状が、とんでもないことを引き起こしていきます。この書状とはいったい何か。そして、これをもたらした者こそが、悪の主役なのか。

このお話は、ローサリアという国のお話しでありながら、誰もが知りたかったのに決して教室では教えられなかった日本の古き良き時代をモチーフにした歴史から、真の自由の意味を知ることを意欲的にねらったファンタジー小説であり、歴史小説です。また、妖魔風歴史小説と呼べる新しいジャンルの世界をどうぞお楽しみください。

著者のプロフィール

原っぱで遊んでいた少年が、親の仕事で転校6回を数え、関西・四国・中部・東北の町を満喫しながら成長。そしていま、陽の当たらなかった歴史に興味を持つ毎日です。

著者からの書籍PR

著 者
望月 周穂(Mochiduki Shuho)
1954年 愛知県に生まれる
1978年 関西大学法学部卒業
 
 

著者のブログ

  • (登録がありません)