電子ブック|詳細画面
カテゴリ:法律・社会科学・心理・教育(16/49)

すばらしい論文を書くための秘訣:大学院生と若手研究者への助言 : 公益社団法人日本動物学会 近畿支部 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: すばらしい論文を書くための秘訣:大学院生と若手研究者への助言

著者: 公益社団法人日本動物学会 近畿支部  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 法律・社会科学・心理・教育
ページ数: 58
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はAeroBrowser、iPad,iPhone,Android用はActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

本書は、2013年5月11日(土)に公益社団法人日本動物学会近畿支部研究発表会において行われた、中島エリザベスさんによる特別講演の内容をまとめたものです。
中島さんは生物学分野において日本の大学院生など若い研究者の英語による論文作成を長年にわたって指導してこられたので、彼女の英語による論文の書き方の秘訣をぜひ伝授していただこうと考えた企画でした。その講演は、これから英語で論文を書こうとしている若い人たちだけでなく、その指導をするべき立場の研究者にとっても、非常に役に立つものでした。そこで、もっと多くの人たちに知ってもらおうと考えて、本書の出版を企画しました。英語で行われた講演を日本語に訳しましたが、実際に英語でどう話されていたのかもわかるように元の英文もつけています。
本書が、動物学に限らず広く生物学、生命科学分野の若い人たちが、これから科学の歴史に残るようなすばらしい英語論文を書くために役立つことを期待しています。

著者のプロフィール

中島エリザベス
アメリカ合衆国ネブラスカ大学卒、エール大学大学院で生物物理学・生化学の博士号を取得、ロックフェラー大学などにおける研究生活を経て来日し、以後は主として英語による学術論文作成を指導。2006年からは、京都大学大学院理学研究科生物物理学教室の阿形清和教授の研究室に所属し、グローバルCOEプログラム「生物の多様性と進化研究のための拠点形成-ゲノムから生態系まで」において、理学研究科生物科学専攻の大学院生などの若い研究者の多数の英語論文を添削するだけではなく、論文作成や口頭発表の指導などを続けてきた。趣味はバードウォッチング。