電子ブック|詳細画面
カテゴリ:研究・ノンフィクション(61/75)

自動車保険金の不正・不当請求事件を暴く : 大空 真 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 自動車保険金の不正・不当請求事件を暴く

著者: 大空 真  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 研究・ノンフィクション
ページ数: 244
サイズ: 127×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はAeroBrowser、iPad,iPhone,Android用はActiBook
特記: Android対応機種
※紙書籍の本文は全てモノクロです。

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

損害保険会社に三十年以上勤務し定年退職しましたが、最後の十数年は保険金の不正・不当事故を調査する担当となりました。
ほんの一部の契約者が偶然の事故と偽って申告し、実際は保険金詐欺であったり不当に保険金を請求する事件が後を絶たないのが現実。
こうした事件について事故の内容を解析して、如何に事故を捏造したのか、故意の事故を立証して保険会社から契約者に対して保険約款上、支払できない旨を伝えたり、状況によっては民事訴訟となり裁判の結果保険金支払いをストップさせますが、こうした経緯について書いたもので、12話の構成となっています。

著者のプロフィール

1945年6月13日生まれ
トヨタ系重整備専門会社に入社し、現場経験の後当時のトヨタ自動車販売株式会社・サービス部に2年間出向しディーラーで解決不能故障の修理経験を積む。
帰任後は本社スタッフ要員として社員教育、新車クレーム処理、警視庁との共同で整備後の事故と整備不良の因果関係究明などの業務に携わり、思うところが有り某損保社に転職するが当時は何の保証もない一匹狼の自営業。
同社が子会社としての損害調査会社を設立すると同時に入社してあこがれの一匹狼から単なるサラリーマンの世界に戻る。
同社で取締役になり研修部を担当するが業務内容は大好きな何でも屋。
特に保険金詐欺事件の解決に力を入れ役員退任後はほぼ専任となりましたが再度、思うところが有り退職し現在に至る。

著者からの書籍PR

10月17日に放映されるテレビ東京の深夜番組「暴露ナイト」に出演しました。
従来、自動車保険金の不正請求は暴力団絡みでした。最近では普通のサラリーマンや主婦が事故の捏造や事故を契機にして不正な請求が横行しています。また、ごく一部の中古車販売店、板金塗装工場、整備工場が関与する事故の捏造も増加。
 本書では自動車保険の不正・不当請求を少しでも無くす為に損害保険会社で活躍するアジャスターと言う専門職が全国で活躍している事を紹介しています。
 最近は若者がイタズラ気分で商店の冷凍庫の中に入った写真をネット上で公開して世間の批判を浴びる事も有ります。
 遊び心や目先のお金に目がくらんで軽い気持ちで不正請求を行った挙句、訴訟になり保険金は入手できないし、訴訟費用は自腹。
最後には告訴されて前科者になって一生を棒に振るような事が無いように、本書では警鐘を鳴らし、ほんの一部の不貞な契約者を排除する事によって善良な保険契約者の保険料が上がることなく真の意味での保険活用を願っています。

著者のブログ

  • (登録がありません)