電子ブック|詳細画面
カテゴリ:歴史・哲学・地理・宗教(53/83)

マルクス「価値論」の科学的方法―弁証法的唯物論確立のために― : 須藤 泰秀 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: マルクス「価値論」の科学的方法―弁証法的唯物論確立のために―

著者: 須藤 泰秀  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 歴史・哲学・地理・宗教
ページ数: 228
サイズ: A4

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はAeroBrowser、iPad,iPhone,Android用はActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

本書は、K・マルクス「価値論」の科学的方法を、内在的総体的歴史的弁証法によって理解するために編著したコンメンタールです。
その価値論は、G・W・F・ヘーゲルの客観的観念論における弁証法を、唯物論的に正立させた方法を用いて、 商品価値生成の必然性を証明したということが、しばしば、マルクスの文言を無批判に引用して語られてきました。しかし、それらの指摘は、部分的分散的にお喋りしただけのものにすぎませんでした。けれども、断片的な知識を寄せ集めただけでは、マルクスの体系的な方法を理解したことにはなりません。ですから、このような状態を脱却して、その方法を総体的に理解するため、かの価値論を、ヘーゲル哲学と対比させ、検討したうえでデータを整理しました。
研究史上初めて成し得たこの作業結果は、これまで体系的に論述されたことのない弁証法的唯物論を、弁証法的唯物論によって論述することに繋がるものと確信しています。

著者のプロフィール

博士(社会学、立命館大学)