電子ブック|詳細画面
カテゴリ:歴史・哲学・地理・宗教(50/86)

にぎやかなユーラシア機 租貔掌鯲を支えた人々〜 : A.H.バウマン・金澤 麻理子 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: にぎやかなユーラシア機 租貔掌鯲を支えた人々〜

著者: A.H.バウマン・金澤 麻理子  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 歴史・哲学・地理・宗教
ページ数: 112
サイズ: B5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はAeroBrowser、iPad,iPhone,Android用はActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

第1章
ヨーロッパとアジアの境はどこにあるか
I.「ユーラシア」=「ヨーロッパ」プラス「アジア」
II.「ヨーロッパ」VS「アジア」
III.アジアとヨーロッパの境界はどこにある?
1) 古代
2) 中世
3) 16?17世紀
4) 18世紀
5) 19世紀
6) 20世紀
IV.アジア-ヨーロッパの境界はライン川? 国後島?

第2章
五千年前の坩堝(るつぼ)
I.タリム盆地に眠る白人のミイラ
II.原郷(げんきょう)からの出発
コラム: 民族の移動
III.タクラマカン砂漠の白人はどこから来たのか
1) ステップ仮説
a) 小河墓(しょうがぼ)遺跡、紀元前2000年 Xiaohe
b) 楼蘭(ろうらん)/古墓溝(こぼこう)遺跡、鉄板河(てっぱんが)遺跡、紀元前2000年 Loulan
c) 哈密(ハミ)/焉不拉克(ヤンブラク)古墳群、紀元前1900年?紀元前1300年 Hami
d) 五堡(ウプ)墓群、紀元前1500年?紀元前800年 Wubao
e) 吐魯番(トルファン)盆地/洋海(ようかい)墓群、紀元前1000年?紀元前500年 Yanghai
f) 且末(チェルチェン)、紀元前1000?紀元後500年 Cherchen
2) オアシス仮説
a) 蘇巴什(スバシ)故城、紀元前500年?紀元前300年 Subexi
b) 阿拉沟(アクス)古墓群、紀元前400年頃?紀元後30年頃 Alagou
c) 和田(ホータン)/山普拉(サンプーラ)古墓群 紀元前約200年?紀元後300年 Shanpula
IV.タクラマカン砂漠で出会った遊牧民と農耕民
V.タクラマカン砂漠のミイラは本当にヨーロッパ人だといえるのか?
1)DNAからみた場合
コラム: バスク人
コラム: 孔子は白人だったのか
2)アイデンティティからみた場合
3)トハラの謎
コラム: 月氏
VI.「タクラマカン砂漠の白人」が意味するもの
VII.坩堝(るつぼ)
コラム: 東洋からのウサギ、東洋からのシンデレラ:Ex Oriente Lepus、 ex oriente Cinderella

第3章
偶然の出会いから意図的な出会いへ
コラム: いくつかのシルクロード
I.セリカとよばれた中国
II.大秦とよばれたローマ帝国
III.ユーラシアの振り子
IV.パルティアとの軍事同盟をめざした班超
コラム: 中国にいたローマ兵
V.中国との同盟を模索したビザンツ皇帝
VI.うまくいかなかったモンゴル-ヨーロッパ同盟
コラム: プレスター・ジョン伝説
VII.モンゴル-ヨーロッパ同盟の問題点
VIII.宣教師は聖書をたずさえて
IX.商人はマニュアルをたずさえて
1) 『エリュトゥラー海案内記』
2) 『東方見聞録』
a) マルコ・ポーロ時代のヨーロッパ
b) 謎だらけのマルコ・ポーロの生涯
c) マルコが中国に行っていない7つの根拠
d) 『東方見聞録』がもたらしたもの
3) 『ペゴロッティの商人マニュアル』
X.パックス・タタリカ
XI.「反応」するだけのヨーロッパ

第4章
個人の活動から国家プロジェクトへ
I. スタートラインはアフリカ西岸
II. アフリカ西岸からの金の採掘
コラム: バーバリー海賊
コラム: 鄭和の南海遠征
III. ヨーロッパがアジアを侵略した8つの理由
IV. ポルトガル人のアジア進出
第1の航海
第2の航海
第3の航海
第4の航海
V. 要塞建設
VI. 東洋の報告書
1) ポルトガルのマカオ居住
コラム: マダガスカル
コラム: ポルトガルの旅行家トメ・ピレスの生涯
2) 『スマ・オリエンタール』(『東方諸国記』)
3) 「ジパング」か「ジャポン」か
VII. アジア侵略が成功した理由
1) インド洋進出を放棄したオスマン帝国
2) 海禁政策を採る中国
3) 勢力を広げる日本
コラム: 山田長政(??1630)
VIII. ポルトガル支配の弱体化

第5章
グローバルな富の再分配
I. 世界を分ける条約
II. スペインの銀山開発とピース・オブ・エイト
III. 「黄金欲」の原因に中国の「交鈔」あり
IV. 世界経済を動かす中国
V. 影響しあうアジアとヨーロッパ
コラム: 日本式ロッケン

著者のプロフィール

BAUMANN, Andreas Heinrich(バウマン アンドレアス ハインリッヒ)
1956年11月1日東ドイツZwickau生まれ
1961年より西ドイツにて生活
1979年2月日本に移住
1980年上智大学入学
現在、日本大学国際関係学部准教授 ドイツ語・日欧文化交流史・ヨーロッパ文化史担当

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  • (登録がありません)