電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(123/184)

愛と絆のミステリーvol.3 メシアの贖罪 : 古藤 芳治 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 愛と絆のミステリーvol.3 メシアの贖罪

著者: 古藤 芳治  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 412
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はAeroBrowser、iPad,iPhone,Android用はActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

〜近未来の救済者には秘められた血の系譜がある〜
分子生物学者の権威サクラ=セロンは、己の天才の要因が水爆実験の犠牲となった祖母から引き継いだ遺伝子変異にあることを突き止め、地球温暖化によって水没の危機に瀕する故郷を救う為のメシア創造を試みる。そして十数年後…予言者シオン=ブラスによって見出された、あらゆる現象を数式に変換するという少年ホーリー=ヴェンクによってA・G・S(反重力システム)が発表されると、世界のエネルギー政策は一変、地球温暖化は緩和されていった…。地上で最も権力を有したホーリーは新世紀のメシアとなったが、核廃絶というホーリーの理念を疎ましく思うアメリカ合衆国によって暗殺者エイジ=サンクスが差し向けられる。ホーリーとエイジ…善と悪に分けられた半神の二人が宇宙空間で邂逅した時、人類はA・G・Sが内包する新たな脅威に晒されていた…。
長編ロマンミステリー「愛と絆シリーズ」第三弾

著者のプロフィール

古藤芳治(コトウヨシハル)

学習院大学文学部卒 文学座出身の俳優/モデル。
現在CREATOR=虎島キンゴロウとしても活動。
著書に愛と絆シリーズ「死者からの照射」「転生する女」「メシアの贖罪」などの長編ロマンミステリーがある。

著者からの書籍PR

重厚な本格長編ミステリー。著者の描く『愛と絆のミステリー』シリーズの世界観はいずれもあなたの心にずっしりと響きます。

著者のブログ

  • (登録がありません)