電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(142/171)

相手を活かす競争の原理 : 竹川 信彦 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 相手を活かす競争の原理

著者: 竹川 信彦  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 86
サイズ: 127×188

特記:

電子書籍(734円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

「殺人刀」から「活人剣」へ――
日本剣道の奥義を追究してきた剣道教士七段の著者が、伝統的倫理観を基に、「競争」から相手を活かす「競和」に至る道筋を説く。

著者のプロフィール

竹川信彦(たけかわ のぶひこ)
昭和30年9月29日、三重県松阪市射和町に生まれる。
昭和53年3月國學院大學法学部法律学科卒業。
剣道教士七段。
皇學館大学剣道部学内指導者。
三重県度会郡剣道協会会長。
三重県南勢地区剣道協議会理事長。 全日本剣道選手権大会5回出場。
全日本東西対抗剣道大会出場。
国民体育大会剣道競技(5位)、
全国教職員剣道大会(個人3位、団体3位)
等出場。

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  •