電子ブック|詳細画面
カテゴリ:ビジネス・経済・経営(6/32)

ホリスティック地域学 第二版 : 清水 洋行、鈴木 雅之、関谷 昇、田島 翔太、松浦 健治郎、木下 勇、神野 真吾、花里 真道、福田 友子、宮 美砂子、和田 健 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: ホリスティック地域学 第二版

著者: 清水 洋行、鈴木 雅之、関谷 昇、田島 翔太、松浦 健治郎、木下 勇、神野 真吾、花里 真道、福田 友子、宮 美砂子、和田 健  書店: BookWay書店 

カテゴリー: ビジネス・経済・経営
ページ数: 206ページ
サイズ: B5

特記: ISBN:978-4911008515

書籍形式








 


本の要約

第二版にあたって
地域や地域づくりについては普遍的な内容が多くあり、それらを学ぶことで社会に役立てられることが多くあります。一方で、国や地方の状況やトレンドの変化もあります。特に、2020年からの新型コロナ感染症の流行によって、人の移動や場の利用には大きな変化が起こりました。また、諸事情によって地域での事業やプロジェクトが変更されたり、終了するといった変化もありました。
このような変化や変更を取り入れて、本書の記述やデータ(図表)等をできるだけ改め、「第2版」としました。本書の構成は、大きく3章からなっています。第1章は、「地域の捉え方」についてです。本書のすべての基礎になるパートで、地域の背景の変化、影響する社会動向、さまざまな要素の捉え方について触れています。第2章は、これからの地域の考え方」についてです。現代社会における地域の新しい流れ、これからの地域のあり方、地域づくりの考え方を学びます。第3章は「多様な構成要素のあり方」です。地域や地域づくりのあり方、考え方を大きく14の構成要素別に学びます。本書を読み進めていき、みなさんは、地域とはなにか、どのように成り立っているか、そして、地域の現状や課題とその背景、将来への影響について考えることができるようになります。また、地域づくりや地域再生に必要な取組や行動のあり方について考察できるようになります。

著者のプロフィール

■編著者
清水 洋行  千葉大学大学院人文科学研究院教授(地域社会学)
鈴木 雅之  千葉大学大学院国際学術研究院教授(建築計画学)
関谷  昇  千葉大学大学院社会科学研究院教授(政治学)
田島 翔太  千葉大学大学院国際学術研究院准教授(地域デザイン学)
松浦健治郎  千葉大学大学院工学研究院准教授(都市計画学)

■著者
木下  勇  千葉大学名誉教授(地域計画学)
神野 真吾  千葉大学教育学部准教授(美術教育学)
花里 真道  千葉大学予防医学センター准教授(予防医学)
福田 友子  千葉大学大学院国際学術研究院准教授(国際社会学)
宮美砂子  千葉大学大学院看護学研究科教授(地域看護学)
和田  健  千葉大学大学院国際学術研究院教授(民俗学)

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  •