電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(詩・短歌・俳句)(13/31)

パンドラ  : 「パンドラ」刊行委員会 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: パンドラ

著者: 「パンドラ」刊行委員会  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(詩・短歌・俳句)
ページ数: 158
サイズ: A5

特記: ISBN:978-4-911008379

書籍形式








 


本の要約

「パンドラ」シリーズは多言語使用の、また国籍・国境を越えて詩人の参加を募るシリーズで、電子本・紙本共に出版します。年刊。
また、俳句、短歌、和歌、短詩、自由詩、エッセイ、写真など、ジャンルの境はないアート誌です。
藝術によっていかなる境をも越え、剣ではなくペンとアートで闘います。創刊誌からヒロシマ、ナガサキの詩を発表し続けています。世界的に戦役がいまだ絶えない中、私達の平和への闘いは続きます。日本から発信します。参加者は代表的な詩人、アーチストです。

The Pandora is a book with Mulch-languages, with no borders for joining poets and their subjects and artistic types, publishing in the style of E-Books and paper books. Yearly publications. It is a book, which includes Haiku, Tanka, Waka, Free Verses, Short poems, Essays, Photos, and Event Posters, etc. We fundamentally refuse any kind of borders, under the name of art, Since the first publication, we have been publishing the poems on Nagasaki and Hiroshima. In the present world situation, wars and conflicts are still not ended, or rather shows us some signs of their spreading. In it, we pray for peace. The Pandoras are published in Japan. We call for peace, from Japan.
Participants are outstanding artists and poets, in the world.

著者のプロフィール

水崎野里子(編集長)
東京生まれ。翻訳者、エッセイスト、詩人、歌人、俳人。
早稲田大学第一文学部英米文学科卒。
同大学文学研究科修士・博士課程修了。米国マサチューセッツ州ボストンに一年間滞在・留学。帰国後、早稲田大学第二文学部英語非常勤講師(1981〜1983)、駒澤大学外国語学部英語非常勤講師(1984〜2020、2020年3月31日付にて定年退職)。ヨーロッパ諸国、アジア諸国、日本国内の旅行・詩祭参加は多い。
バイリンガルアート総合誌『パンドラ/PANDORA』主宰。

共著:新川和江・水崎野里子『日本女性2人詩集1 おばさんから子どもたちへ 贈る詩の花束』(2018, BookWay)、白石かずこ・水崎野里子『日本女性2人詩集2 白石かずこと水崎野里子 おばさんから子どもたちへ 贈る言の葉』(2021, 学術研究出版)

所属:カリフォルニアズーム詩人会、日本詩人クラブ、日本ペンクラブ。

受賞歴:マイケル・マドフスダン金賞(インド・コルカタ)、隠岐後鳥羽院和歌大賞、世界詩人会議ゴールド・クラウン桂冠詩人賞、BESETO(日中韓首都会議)平和功労賞。

著者からの書籍PR:サリー・イトウ著水崎野里子訳『天皇の孤児』、短歌集『法隆寺への旅路』(学術研究出版)。
水崎野里子HP http://www1.odn.ne.jp/~cat32320。フェイスブックNoriko Mizusaki、水崎野里子。