電子ブック|詳細画面
カテゴリ:その他のジャンル(4/8)

イコールカード 世界中の人々と言語や世代を超えて遊べるカードゲーム : 五十嵐 猛





電子ブック|詳細画面

タイトル: イコールカード 世界中の人々と言語や世代を超えて遊べるカードゲーム

著者: 五十嵐 猛 

カテゴリー: その他のジャンル
ページ数: 116
サイズ: 91mm×92mm

書籍形式








 


本の要約

世界中の人々と言語や世代を超えて遊べるカードゲーム。
イコールカードは、遊びの中で手と目を協働させながらパズル感覚で何通りもの計算式を創造することで、論理的思考のみならず、閃きや創造性も育むことができることから、計算式の学びに向けて幼保連携型認定こども園や小学校の授業でも利用されるようになっています。
本商品は、未就学の児童でも遊びやすいように、角のない円の中にIWASAKIさんに花の絵を描いてもらいました。
.ぅ魁璽襯ードとは、トランプのように世界中の子どもから大人が言語や世代を超えて一緒に遊べカードゲームです。
合計58枚のカードは0〜9までの数字や+−×÷の記号や4色と自由に使えるフリーカード2枚で構成されており、トランプのように様々なルールを使って遊ぶことができます。
A瓦討離ードの裏側に「=(イコール)」が記されており、駆け引きを楽しむためにカードの裏面を活用する所に斬新性があります。
げ鯏にしばられる計算ドリルとはひとあじ違い、自分の閃きや発想で色々な答えや遊びをパズル感覚で創りだすことができます。

著者のプロフィール

五十嵐猛 大分県発達障がい者支援センター、子育て総合支援センター長(中・高等学校教諭免許、公認心理師、全日本自閉症支援者協会公認発達障害支援スーパーバイザー)
著者は発達障がい児者への教育・保育・発達支援経験を活かすことで障がいの有無に関わらず、乳幼児期からのトータルな支援を目指した「子育て総合支援センター」を設立させ、「幼保連携型認定こども園」と「子育て総合支援センター」、「児童発達支援センター」を一体的に運営しながらユニヴァーサルな子育て支援の環境づくりをすすめており、その先駆者として啓蒙活動や専門家育成等にも携わられています。
発明品であるイコールカードは「算数パズルゲーム イコールカード公式ルールブック / 小学館」、「算数パズルゲーム 任天堂イコールカードDS / 電遊社」、「イコールカード 問題集(まなぶっく) / メイツ出版」、「任天堂イコールカード国際版 Math Play DS / Natsume」等、多数商品化がされています。