電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(124/182)

新訳 星の王子さま 王子さまがくれたバトン : 詩月 心 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 新訳 星の王子さま 王子さまがくれたバトン

著者: 詩月 心  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 134ページ
サイズ: A5

特記: ISBN:978-4911008560

電子書籍(550円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

『星の王子さま』(Le Petit Prince)は、フランスの作家アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによって1943年に書かれた作品です。この物語は世界中で愛され続けており、その普遍的なメッセージと美しいイラストは多くの年代の読者に感銘を与えています。

作品は、砂漠で遭難した操縦士と、さまざまな惑星を旅する小さな王子との出会いを描いています。王子さまはそれぞれの惑星で出会った人々から人生の重要な教訓を学びます。特に有名なのは、キツネについてのセクションで、キツネは王子に「本当に大切なものは目に見えない」と教えます。

この「新訳 星の王子さま―王子さまがくれたバトン」は、原文の魅力を損なわないように訳しており、読みやすく工夫している点が特徴です。金箔押しの装飾が施された表紙は、贈り物としても適しています。『星の王子さま』は、その深い教訓と美しい物語で、読む者に多くの思考を促す一冊と言えるでしょう。

著者のプロフィール

詩月 心(うたづき しん)
1965 年 4 月 6 日 愛知県常滑市に生まれる。
高校を卒業後電子工学を学び、電子機器メーカーに就職し、その後独立、現在は電機部品の製造を請け負っている。
異国の文化や歴史に実際に触れるため、多くの国を訪れようと本業の傍ら、外国語を独習した。
フランスのリヨンを訪れた際、偶然立ち寄った書店でこの Le Petit Prince を購入し、この作品と作者のサン=テグジュペリに感銘を受け、帰国後すぐに人生初となる翻訳作業を開始し、本作品を出版するに至った。現在はイタリアの大詩人ダンテの『神曲』の翻訳作業を進めている。
趣味はアマチュア無線で、手作りのアンテナや送信機などを使って、国内は勿論、世界中の愛好家との交信を楽しんでいる。