電子ブック|詳細画面
カテゴリ:ビジネス・経済・経営(16/29)

感情の経済学供/瓦陵論:モデルとプログラム : 門川 和男 | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: 感情の経済学供/瓦陵論:モデルとプログラム

著者: 門川 和男  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: ビジネス・経済・経営
ページ数: 426
サイズ: A5

書籍形式








 


本の要約

これまでの経済学の分野が主に欧米でつくられてきたのに対して、「感情の経済学」は初めて日本で生まれた体系的な経済学の分野になる。
また、人間の心や意識、感情などについては、これまで哲学が扱ってきたテーマであることから、「感情の経済学」は日本でつくられた初めての体系的な哲学でもある。そして、「感情の経済学」では、人間の感情がどのような思考にしたがい、どのようにあらわれるのかを明らかにしていくことになり、人間の感情を網羅的に定義していくことにする。また、「感情の経済学」では、抽象的な概念を可能な限り排除し、そのまま数式に置き換えることができるだけの論理性を維持しながら、心をモデル化し、プログラムすることができるようにする。
そして、最終的に、「感情の経済学」では、心を単純な掛け算と引き算による2つの数式によって定式化していくことにする。

著者のプロフィール

<著者略歴>
東海大学政治経済学部経済学科准教授
1999年 創価大学法学部法律学科卒
2002年 米国ジョンズホプキンズ大学高等国際問題研究大学院(SAIS)修了
2002年 松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)を経て、2009年英国ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)地理学研究科修了
2010年 早稲田大学政治経済学術院助教
2016年 東海大学政治経済学部経済学科特任講師などを経て現職