電子ブック|詳細画面
カテゴリ:生活・スポーツ(9/14)

大分三百山超 大分のかくれた名山たち第二集「黎明」 : 菅 博行 | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: 大分三百山超 大分のかくれた名山たち第二集「黎明」

著者: 菅 博行  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: 生活・スポーツ
ページ数: 336
サイズ: A5

書籍形式








 


本の要約

「大分三百山超」〜大分合同新聞連載 大分のかくれた名山たち第二集〜「黎明」では、平成16(2004)年度から平成30(2018)年度までの計303山を収録しています。一冊の登山ガイドブックとしては多すぎる収録数のため、文字や案内図を小さくせざるをえませんでした。どうぞご理解ください。登山時は該当ページを拡大コピーしてお使いください。第二集用の山を、一山も漏らさずに載せたかったのです。どの山の記事にも思い入れがあり、各登山記事が我が子のような感覚です。この「大分のかくれた名山たち」の毎月の執筆は、わたしのライフワークであり、生きがいでもあり、大げさに言うとわたしの人生そのものとなっています。これまでの掲載履歴は、<doraemon.m78.com/outdoor/outdoor-top.htm>をご覧ください。

著者のプロフィール

著者:菅(すが)博行。
現住所:870-0108大分県大分市三佐大村844-2。
昭和34(1959)年7月、大分市三佐生まれ。
大分舞鶴高校、宮崎大学教育学部卒。県内の小学校及び、大分市教育委員会に勤務。令和2(2020)年3月、大分市立三佐小学校長で退職。アウトランド山岳部所属。
大分県内の里山にとことんこだわり続け、これまで県内の山、約1,000座に登頂。平成7(1995)年4月より、大分合同新聞「大分のかくれた名山たち」執筆スタート。これまで27年間執筆し、令和4(2022)年3月号で通算544山。現在も執筆中。