電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(130/171)

横浜カラス 二つの自由について : サハラ テツヤ | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 横浜カラス 二つの自由について

著者: サハラ テツヤ  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 116
サイズ: A5

書籍形式








 


本の要約

この書は2020年10月までに書かれ、大手出版社・新聞社・TV報道部に原稿を送付、反応を見ていましたがほぼ無反応でした。残念な事にCOVID-19に関しては予言した通りの結果に成りつつあります。業界に知人も伝手もなく原稿も本人に届いたか知る術もありません。そんな訳で今回はかなり遅れての出版に成ってしまいました。
これまで巷間で注目されて来たCVID-19の諸問題・疑問点を、メディアが発信した時系列で追っていただくと、本書が鳴らす警鐘の信憑性がご判断いただけるのではないだろうか…。

本書は、横浜・熱海近傍の現在の風景とショートストーリー(短編集) 新型コロナウイルス感染症とその対処法・予言 から構成されています。
旅行や何かのついでに、社会や自由について考えて頂ければとおもい発刊する事にしました。

また、本書は販売登録上、タイトルを省略して表記しており、正しくは下記のとおりです。
「横浜カラス―二つの自由について―
 小論集― COVID-19対処法・予言を含む―  横浜カラス― カラス戦争― に寄せて
 熱海― ショートストーリー―」

著者のプロフィール

昭和21年1月1日生
昭和39年3月 千葉県立千葉東高等学校卒業
昭和40年4月 東洋大学第一部法学部法律学科入学 文学研究会在籍
昭和44年3月 同上 卒業
昭和50年頃  横浜作詞研究会「いちい在籍」 サハラテツヤ名で作品投稿掲載
昭和60年頃  建築設備関連の会社を設立・経営
現在 静岡県熱海市在住

主な作品にCD「サハラテツヤ作品集機彌饑辧嶌邏焚函Σ亮蠅紡るサハラテツヤのB級歌謡詩(詞)集」(ともにP&M music laboより)がある。

著者からの書籍PR

横浜カラ発刊にむけて 

 この書は2020年10月までに書かれ、大手出版社・新聞社・TV報道部に原稿を送付、反応を見ていましたがほぼ無反応。残念な事にCOVID-19に関しては予言した通りの結果に成りつつあります。業界に知人も伝手もなく原稿も本人に届いたか知る術もありません。そんな訳で今回はかなり遅れての出版(2021年11月24日)に成ってしまいました。
 特に、家庭内感染や空調換気設備に関しては今後の変異株の対処の仕方によっては甚大な被害を回避する決め手になる筈です。
 この書は横浜・熱海近傍の現在の風景とショートストーリー(短編集) 新型コロナウイルス感染症とその対処法・予言 で構成されています。二つの自由そして人間の歴史、人間とは何かを問い返したとき、必ず政治家・政治を志す若い人々の必読書に成ることでしょう。
 横浜・熱海の点描ともいえる小品群は一幅の清涼剤になれば幸いです。
 あえて記しませんでしたが、何よりも栄養バランスのとれた食事、熟睡、ストレスをためない、ことが肝要です。水際対策などは言わずもがなです。
 旅行や商用のついでに、社会や自由について考えて頂ければとおもい発刊しました。
 2021・11・25 著者より

著者のブログ

  •