電子ブック|詳細画面
カテゴリ:法律・社会科学・心理・教育(36/57)

教職を志す学生のためのテキスト 教育行政 : 成瀬雅巳 | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: 教職を志す学生のためのテキスト 教育行政

著者: 成瀬雅巳  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: 法律・社会科学・心理・教育
ページ数: 112
サイズ: B5

書籍形式








 


本の要約

本書は主に教職を志す学生を対象にして、「教育行政」についてやさしく解説した入門テキストです。現在、教育行政に関わる重要な通知・答申が出され、法令の制定・改正や制度改革が進められています。
そこで、本書は教育行政の新しい流れを踏まえ、最新の情報をわかりやすくまとめています。
本書の特長は、次の5つです。

1.構成は、大学の標準的な授業の回数に合わせて15講としました。
【第1講】近代教育制度と教育行政の誕生、【第2講】教育行政とは、【第3講】教育行政の組織と機能機蔽羆教育行政)、【第4講】教育行政の組織と機能供蔽亙教育行政・教育委員会制度)、【第5講】教育課程に関する法制、【第6講】学習指導要領の変遷(昭和22年〜平成27年一部改訂)、【第7講】新学習指導要領について(平成29・30年改訂)、【第8講】学校教育の現状と課題、【第9講】青少年健全育成と生徒指導、【第10講】特別支援教育、【第11講】高校教育改革の動向、【第12講】教育財政、【第13講】学校の管理と運営、【第14講】教育時事、【第15講】教職への進路選択。

2.各講の最初に課題を設定しました。課題は自ら考え自ら学ぶのに適した課題であり、グループ討議にも有効な課題となっています。

3.文章の中には空欄があります。そこに重要語句を直接書き込みながら、要点を整理していくことで基礎・基本の確実な定着を図ります。

4.最新の情報を図表で示し、図表から主体的・批判的に読み解くことを重視しています。

5.余白を利用して必要なことを書き加えていくことで、講義テキストをオリジナルノートとして活用できます。

これから教職を目指す皆さまが、このテキストを活用して教育行政の理解を深めるとともに、皆さまの夢が実現されることを心から願っています。

著者のプロフィール

成瀬雅巳

〇最終学歴
兵庫教育大学大学院(学校教育研究科 学校教育学専攻 学校心理学コース)修了

〇職歴
大阪体育大学体育学部スポーツ教育学科 講師(2020年4月〜)
兵庫県宝犹堽末成小学校 校長(2018年4月〜2年間)
兵庫県宝犹堽光ガ丘中学校 教頭(2016年4月〜2年間)
兵庫教育大学附属中学校 主幹教諭(2012年4月〜4年間)

〇免許・資格
中学校教諭専修免許状 国語・社会
高等学校教諭専修免許状 国語・地理歴史・公民
養護学校教諭二種免許状
学校心理士
上級教育カウンセラー
ガイダンスカウンセラー

〇所属学会
日本教育心理学会
日本教育カウンセラー協会
日本学校心理士会
日本スクールカウンセリング推進協議会
日本国語教育学会
日本教育行政学会
日本教師教育学会

〇実務経験
兵庫県青少年赤十字協議会幹事(2018年4月〜2年間)
兵庫県宝塚市立図書館協議会委員(2018年4月〜2年間)
兵庫県宝塚市立高司児童館運営委員(2018年4月〜2年間)
兵庫県教育委員会阪神北教育事務所教科等指導員(2005年4月〜2年間)
基礎学力向上検討委員会に係る問題作成・分析委員(兵庫県教育委員会)(2005年4月〜1年間)

〇主な著書・業績等
(・『教職を志す学生のためのテキスト 教育行政』(学術研究出版 2021年))
(・『未来を創る教師に贈る 育て、育つための教師論』(学術研究出版 2021年))
・『総合的な学習の時間・総合的な探究の時間と特別活動の方法』(東洋館出版社 2020年)
 第3章 探究的な学習に主体的・創造的・協働的に取り組む総合的な学習の時間
 第5章 地域とともに考える『安心・安全、みんなに優しいまちづくり』
・『三角ロジックを使って論理的に話し合おう』国語教育(明治図書 2016年12月号)
・『論理的にスピーチしよう』実践国語研究(明治図書 2016年1月号)
・『中学3年:授業をイメージした新教科書研究のツボ』国語教育(明治図書 2015年5月号)
・『討論になる題材の条件とは?』国語教育(明治図書 2015年)
・『中学3年=つけたい力と言語活動を結ぶ単元構成』国語教育(明治図書 2015年1月号)
・『討論で効果があがる話型指導とは』社会科教育(明治図書 2014年12月号)
・『論理的思考力・表現力を育成するための効果的な指導方法』月刊国語教育研究(日本国語教育学会2014年11月号)
・『思考力・判断力・表現力を育成するために言語活動を取り入れた効果的な指導方法の研究』(共著 兵庫教育大学 『理論と実践の融合』に関する共同研究 2014年)
・『水平的相互作用が中学生の作文の質や情意面に及ぼす影響』(日本教育心理学会 第50回総会発表論文集 教授・学習、ポスター発表 2008年)