電子ブック|詳細画面
カテゴリ:個人史・評伝・一族史(2/12)

ドキュメント 激場 機動隊員奮闘記 : 竹内 資郎 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: ドキュメント 激場 機動隊員奮闘記

著者: 竹内 資郎  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 個人史・評伝・一族史
ページ数: 174
サイズ: A5

書籍形式



売り切れ




 


本の要約

1960年代の「安保反対闘争」や「学園紛争」など不安定な社会情勢の中にあって、機動隊に入り、文字通り血を吐くような猛訓練を経て、連日の過酷な警備出動に明け暮れていた。

一方で労働史上空前絶後といわれた「三井三池争議」警備のため九州へ、大阪西成区の「釜ヶ崎暴動」の警戒警備や万博警備のため大阪へ、「沖縄返還闘争」の警備のため東京へ、「成田空港開港」に伴う千葉県出動など多くの県外出動を体験するなど、仲間と共に時代を駆け抜けた一機動隊員の血と汗と涙の記録である。

著者のプロフィール

昭和11年兵庫県で生まれ、県立北条高校卒業。
昭和31年兵庫県警察官拝命、約40年間勤務。
その間、警部までの各階級で機動隊勤務を経験。
昭和57年警視に昇任し、近畿管区警察学校教授、網干署長、神戸水上署長、阪神淡路大震災激震地の西宮署長を歴任し、平成9年県警本部生活安全部長を最後に定年退職。
平成26年秋の叙勲で瑞宝小授章を受章。

退職後は兵庫県加西市所在の古法華石彫アトリエ館に所属し、十一面観音菩薩立像、釈迦涅槃像、七福神石像の外、薬師三尊磨崖仏、阿弥陀如来磨崖石像及び達磨尊者磨崖石像など30数体の石仏を彫る。
現在も仲間と共に石仏を彫っている。