電子ブック|詳細画面
カテゴリ:法律・社会科学・心理・教育(25/52)

保育士のキャリア形成と特別支援保育士 : 田中 愽一、杣山 貴要江 | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: 保育士のキャリア形成と特別支援保育士

著者: 田中 愽一、杣山 貴要江  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: 法律・社会科学・心理・教育
ページ数: 146
サイズ: A5

書籍形式








 


本の要約

 本小論は2つのことを特に学生の皆さんに伝えることを目的にしています。

 一つ目は,障害のある人の自立支援について,特に就労に注目しています。保育士は就学前の子どもに出会う機会が多いと思われますが,発達障害や知的障害のある子どもについては生涯にわたって生活支援を要する場合も少なくありません。そのころから保護者は障害のあるわが子の行く末を考え,地域社会の中での生活の工夫を余儀なくされることになります。従って,就学前の段階から保育士は子どもの自立を想定し,障害者雇用の実際を把握しておくことは重要であるという観点から,フィンランドとスウェーデン,アメリカの障害者雇用の実態と比較しながら,インクルージョンを意識した障害者雇用について考察してほしいという意図があります。

 二つ目は,保育士養成をしている兵庫大学生涯福祉学部こども福祉学科の教育課程において「特別支援保育士」学修プログラムを設定しました。その成果を5期生のアンケート(特別支援保育士の指定科目について,小児病院実習について等)を分析して検証しました。こども福祉学科に入学した学生の中には医療保育士に関心を持つ人が少なくなく,一般社団法人日本医療保育学会が認定する医療保育専門士を取得する要件である医療機関に就職する卒業生もあらわれてきた実態を見ると,この「特別支援保育士」の学修プロブラムはキャリア形成の一環と言えるのではないかと思うものです。なお,こども福祉学科は大学の改組転換により発展的に解消されることになっています。そこで,国内初の試みであるこのプログラムの成果を文字化して残すことには意義があると考えられたために所収することにしました。

田中 愽一 担当:序章,第1章,第2章,第4章
杣山貴要江 担当:第1章,第2章,第3章,第5章,終章

著者のプロフィール

田中 愽一(たなか・ひろかず)
1945年 和歌山県生まれ
同志社大学文学部社会学科卒
同志社大学大学大学院文学研究科修士課程修了(文学修士)
華頂短期大学、滋賀文化短期大学、びわこ学院大学、兵庫大学を経て 2021年4月より兵庫大学客員教授
カリフォルニア大学(バークレー校)客員研究員(1992〜1993、2006〜2007)
びわこ学院大学名誉教授
著書
『人間福祉の思想と実践』(ミネルヴァ書房、2002年、共編著)
『人間の尊厳と自立/社会の理解』(法律文化社、2014年、共編著)
『介護福祉士のグランドデザイン』(中央法規出版、2014、共編著)

杣山 貴要江(そまやま・きよえ)
1955年 岐阜県生まれ
佛教大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻修士課程修了(社会学修士)
京都橘大学大学院文化政策学研究科文化政策学専攻博士後期課程単位取得満期退学 博士(文化政策学)
日本文理大学経営経済学部助教授を経て、2005年より兵庫大学短期大学部助教授、2013年より兵庫大学生涯福祉学部こども福祉学科
主要著者
『社会福祉と専門性』(税務経理協会、2000年、単著)
『消費生活思想の展開』(税務経理協会、2005年、共著)
『知的障がい者雇用における経営の福祉性』(白地社、2011年、単著)
『保育士の専門性と児童家庭福祉』(白地社、2014年、単著)
『現代社会の子ども家庭福祉』(三恵社、2018年、単著)