電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(39/171)

コロナ感染殺人事件 : 杉山 実 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: コロナ感染殺人事件

著者: 杉山 実  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 262
サイズ: 128×188

特記:

電子書籍版は BookWay コンテン堂店 でお買い求めいただけます。

書籍形式








 


本の要約

一平&美優シリーズ
2020年世界は新型コロナの蔓延で経済活動が停止し混乱していた。
美優は、数々の難事件で功績が有り、静岡県警では課長が出入りを許す存在で、事件の資料の閲覧も許される特権を持った刑事の妻だ。
静岡県警では横溝課長が転勤し、後任に静内課長が着任してきた。静内課長は素人の美優に頼る捜査を卒業しようと刑事達に通達した。
そんなコロナ渦の九月、秘境温泉に身元不明の全裸の若い女性の遺体が発見された。
その遺体はコロナに感染していた。
次々と事件関係者がコロナ感染をし、捜査は混迷を深めてしまった。
美優に頼らないと誓った静内捜査一課長も犯人逮捕に焦る。
誤認逮捕になるのか? 美優の独自捜査が始まる! 緊迫の駆け引き!

著者のプロフィール

兵庫県在住。

著作:
朝霧(ブックウェイ、2015年)
縁結(ブックウェイ、2015年)
今耳に風が囁く(ブックウェイ、2015年)
瞬きの偶然(ブックウェイ、2016年)
舞い降りた夢(ブックウェイ、2016年)
幻栄(ブックウェイ、2016年)
居酒屋の親父(ブックウェイ、2016年)
神々の悪戯(ブックウェイ、2016年)
紫陽花(ブックウェイ、2017年)
偶然の誘い(ブックウェイ、2018年)