電子ブック|詳細画面
カテゴリ:芸術・芸能・語学(20/65)

中国100均(100円ショップ)の里・義烏と古都・洛陽を訪ねて : 宮脇 理、佐藤 昌彦、徐 英杰、若林 矢寿子 | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: 中国100均(100円ショップ)の里・義烏と古都・洛陽を訪ねて

著者: 宮脇 理、佐藤 昌彦、徐 英杰、若林 矢寿子  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: 芸術・芸能・語学
ページ数: 216
サイズ: A5

特記: ※紙書籍の本文は一部カラーです。

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

「ものづくり」のあり方を考えたり、発言する時、いつも脳裏に浮かぶのはアメリカ映画の『モダンタイムス』(資料 砲函◆ΑΑΑθ躍するが、時折り想い出すのがNHKテレビ(録画)にて視る『おしん』(資料◆砲凌事風景です。

『モダンタイムス』(MODERN TIMES 1936)についての評価の多くは、(近代文明批判)が中心なのですが、私(宮脇)が子どもの時から幾度となく視てきた印象は、チャールズ・チャップリンの楽しそうな動きや、チャップリンが乱舞するメカニックな工場のシーンでした。
確かに、怒濤のように“文明”という名の“機械化”の波が世間に押し寄せた1930年代は、演出したチャップリンの思惑通りの、限りない人間の空想的未来の“功罪”を暗示させています。が、当方が映画から感じたチャップリンのウキウキしたアノ様子は、一世紀近くを経たイマ現在を超えると、もっと大きな規模で(デジタル化)が進むのでしょうか?
一方、後者の『おしん』に登場するのは、極貧農家の生業(なりわい)から生まれた生活用具です。貴重な(お米)を増量して食べるために、安価な大根を刻む道具の名は(かて切り)。このことは、本誌の共同執筆者の(佐藤)が巻末に詳細を載せてありますのでご覧下さい(資料)。

さて、イマ中国は【リオリエント】(資料ぁ砲琉媚廚鯒愀覆砲靴董◆閉狂渋紂砲魘餮讐修垢詈向として(一帯一路)に臨んでいます。それでは、それと併走する百均の里、義烏へ…。

著者のプロフィール

宮脇 理(ミヤワキ オサム)
1929(昭4)年:日本国・東京・四谷生
■Independent Scholar、元・筑波大学大学院教授 他
■博士(芸術学・筑波大学1992)
◎詳細はWikipediaに掲載
◎主な著書・訳書
○‌宮脇 理『工藝による教育の研究―感性的教育媒体の可能性―』建帛社、1993
○‌ハーバート・リード著、宮脇 理・岩崎 清・直江俊雄訳『芸術による教育』フィルムアート社、2001
○‌エルンスト・レットガー著、宮脇 理訳『土による造形 造形的手段による遊び3』造形社、1977
◎受賞
○瑞宝中綬章(叙勲伝達式:2016年11月10日)


佐藤 昌彦(サトウ マサヒコ)
1955(昭30)年:日本国・福島・飯坂生
■北海道教育大学教授
■博士(学校教育学・兵庫教育大学大学院連合2016)
◎詳細は北海道教育大学研究者総覧に掲載
◎主な著書・訳書
○‌佐藤昌彦『次世代ものづくり教育研究』学術研究出版/ブックウエイ、2019
○‌佐藤昌彦著・抄訳、宮脇 理解説『ものづくり教育再考』学術研究出版/ブックウエイ、2018
○‌宮脇 理監修、佐藤昌彦、山木朝彦、伊藤文彦、直江俊雄編著『アートエデュケーション思考』学術研究出版/ブックウエイ、2016
◎併任
○北海道教育大学附属札幌中学校・校長(2012年4月〜2016年3月)


徐 英 杰(ジョ エイケツ)
1987年:中国・洛陽・栾川生
■華東師範大学美術学院講師(中国・上海)
■博士(芸術学・筑波大学2017)
◎詳細は華東師範大学美術学院教員総覧に掲載
◎主な著書・訳書
○‌徐英杰「中国の師範大学における美術教員養成の分析」(分担執筆)『アートエデュケーション思考』学術研究出版/ブックウエイ、2016、pp19-26
◎受賞
○第13回『美術教育学』奨励賞(2016年、美術科教育学会)


若林矢寿子(ワカバヤシ ヤスコ)
1952(昭27)年:日本国・滋賀・近江八幡生
■株式会社 ボンテン 代表取締役社長
◎詳細は株式会社ボンテン・天遊のホームページに掲載
◎concept (楽しみながら目指すものづくりの心)
○‌感謝・感心・感動の三感 ○ビフォアサービス・インナーサービス・アフターサービスの三サービス ○現場・現物・現実の三現主義
○夢・ビジョンは自分をエネルギッシュにする。そして奇跡を起こす。
◎受賞
○‌インターナショナルギフトショー新商品コンテスト準大賞(ライトテラピーBOX、2007年)
○‌日本観光振興会理事長賞・会長賞他(ミニてんてん玉・福福笑いふろしき他、2013〜2018年)