電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(33/229)

いつか、上高地でフルートを : 工藤 伸一 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: いつか、上高地でフルートを

著者: 工藤 伸一  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 242
サイズ: 128×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook One
特記: 電子書籍の閲覧方法

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

諒太は鎌倉駅近くのケーキ店で、フルートを持った若い女性を見かけた。入院中の祖母がフルートを聞きたいと言っていたことを思い出した諒太は、思わず女性に声をかけ、今度一時帰宅する祖母にフルートの演奏を聞かせてもらえないかと頼む。

あまりにも唐突な申し出に女性は戸惑うが、諒太の不器用そうだが誠実なしぐさに接し、また自分のことを本当に心配してくれた祖母のことを思い出し、諒太の申し出を受けることにする。

女性の名前は「あずみ」、山を愛した父がつけてくれた名前だった。
山が好きで何度も上高地に通っていた諒太は、そんなあずみとの出会いに心を動かされるが、あずみ自身は「自分は歩くのが苦手・・・」と言う。思い悩むことの多かった諒太にとっては、明るい笑顔とあたたかい声で自分に話しかけてくれるあずみと過ごす時間は、かけがえのないものだった。
しかしあることをきっかけに、あずみはもうこれ以上諒太と一緒にいることはできないと決心する。

鎌倉由比ガ浜に寄せる波の音とどこまでも続く海と空、上高地から見上げる穂高の峰々と清冽な梓川の流れ。自分らしく生きることに思い悩む二人が、自然の大きさに思いを寄せながら、ささやかな出会いをはぐくんでいく。

表題作のほかに、「はり絵がつなぐ恋」「天神様の約束」の2編を収録。

著者のプロフィール

1955年、神奈川県川崎市に生まれる。宮城教育大学卒業。筑波大学大学院修士課程修了後、特別支援学校に勤務した。現在、神奈川県平塚市に在住。