電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(166/230)

枝垂れ桜と瑠璃の空 : 工藤 伸一 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 枝垂れ桜と瑠璃の空

著者: 工藤 伸一  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 250
サイズ: 128×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook One
特記: 電子書籍の閲覧方法

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

江戸時代も中ごろを過ぎたころ、相模の国のとある宿場町。
指物師の信吉は、よく晴れた春の日の早朝、得意先に向かうため街道の道を足早に歩いていた。信吉は街道のわきにある小さな薬師堂の前でじっと手を合わせる若い娘を見かけ、ふと足を留めた。娘は薬師堂で手を合わせた後、お堂のわきでそっとお堂を守るように枝を広げた枝垂れ桜に向かって手を合わせ、それから青い空を見上げじっと手を合わせた。
娘は人の気配を感じたのか、信吉のほうをちらっと見て恥ずかしそうに立ち去って行った。お薬師様、枝垂桜、瑠璃の空・・・、三度も手を合わせて祈っていた娘の姿は、信吉の心をとらえて離さなかった。

娘の名前は「ゆい」。ゆいは、町に目の見えない女の子がいて、寺子屋にもいかれずずっと家に閉じこもっているという話を聞き、自分がその女の子と一緒に遊びましょうかと申し出る。ゆいは、目の見えない子でも音や触った感じで楽しく遊べるものをいろいろ工夫していく。
その中で木片を組み合わせていろいろな形を作る遊びができないかと思い、指物師に相談することになった。

大きなお店のおじょうさんの相談ということで、煩わしいことに関わりたくないと思いまったく乗り気でなかった信吉は、そのおじょうさんがあの薬師堂で見かけた娘だったことに驚く。二人は目の見えない子でも楽しく遊べるものを作っていく中でお互いの心を通わせていくのだが・・・、体の弱かったゆいに残された時間はもうわずかだった。

表題作のほかに、「海の中の道」の一編を収録。

著者のプロフィール

1955年、神奈川県川崎市に生まれる。宮城教育大学卒業。筑波大学大学院修士課程修了後、特別支援学校に勤務した。現在、神奈川県平塚市に在住。