電子ブック|詳細画面
カテゴリ:研究・ノンフィクション(39/88)

今、ミュージアムにできること せとうち美術館ネットワークの挑戦 : 大原 謙一郎、平山 助成、蓑 豊、宮脇 理 ほか計27名 共編: 山木 朝彦、せとうち美術館ネットワーク事務局 | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: 今、ミュージアムにできること せとうち美術館ネットワークの挑戦

著者: 大原 謙一郎、平山 助成、蓑 豊、宮脇 理 ほか計27名 共編: 山木 朝彦、せとうち美術館ネットワーク事務局  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: 研究・ノンフィクション
ページ数: 334
サイズ: A5


※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

せとうち美術館ネットワークは、瀬戸内周辺地域の美術館や博物館など、文化芸術施設をネットワーク化し、瀬戸内地域の交流促進と活性化、こどもの美術鑑賞教育の普及を図ること等を目的に活動しています。

本書は、過去10回開催されたせとうち美術館ネットワークの特別講演に登壇して頂いた講演者の方々のエッセイを中心に、ネットワークの運営に尽力してきたアドバイザーたちの論考も加え、各ミュージアムの個性的な企画および教育活動と、これに深く関わるアートの学びの方法などについて、理論・実践両面から論究した著作です。

著者のプロフィール

共編:
山木朝彦(鳴門教育大学 大学院教授)
せとうち美術館ネットワーク事務局

著者:
大原謙一郎(大原美術館 名誉館長)
平山助成(平山郁夫美術館 館長)
蓑 豊(兵庫県立美術館 館長)
宮脇 理(元・筑波大学大学院教授) ほか計27名

せとうち美術館ネットワークHP
https://www.jb-honshi.co.jp/museum/

本州四国連絡高速道路 株式会社
https://www.jb-honshi.co.jp/customer_index/

著者からの書籍PR

従来の美術館・博物館に関わる著作物は、各館の展示ガイドや博物館学の関連図書であることが多いように思われます。それだけに、ミュージアムの教育活動と地域への貢献をテーマとして編まれたこの本は、ユニークな存在だといえるでしょう。同時に、各館の運営・企画・教育普及に直接関わる数多くの実践家が執筆している点もまた、特筆すべき本書のオリジナリティーだといえるでしょう。

せとうち美術館ネットワーク アドバイザー代表
鳴門教育大学 大学院教授 山木朝彦

著者のブログ

  • (登録がありません)