電子ブック|詳細画面
カテゴリ:その他のジャンル(4/7)

先人の知恵に学ぶ 〜母から貰った一冊の本〜 その復刻と解説 : 竹内 資郎 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 先人の知恵に学ぶ 〜母から貰った一冊の本〜 その復刻と解説

著者: 竹内 資郎  書店: BookWay書店 

カテゴリー: その他のジャンル
ページ数: 202
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook One
特記: 電子書籍の閲覧方法

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

一昨年に半寿となったのを機に、自宅の本棚を整理していたら、隅の方から、ボロボロになった一冊の本が見つかった。幼き頃、母から貰ったもので、表紙は剥がれ、中身も一部が破損したり汚損したりしていた。
これは、昭和十四年一月、講談社の雑誌「キング」新年号附録として発行されたもので、「考えよ! そして偉くなれ」と題する小冊子である。
ところで、「偉くなれ」とか、「出世する」という言葉の意味は、日本では長い間“いやらしいもの”あるいは猗楸なもの”として誤解され、軽蔑されてきた。
ここで「偉くなれ」という場合、全体主義的国家の中での「偉くなり方」とは全く違い、個々人が志を立てて、それぞれの道で「偉くなる」「立派な人間になる」ことである。
この本には、数多くの偉人英傑大成功者が登場するが、その「偉くなり方」はそれぞれに違う。大統領として偉くなっている人もいるし、軍人として偉くなっている人もいる。まんじゅう屋の主人の話もあれば、うなぎ屋の主人もいる。二宮尊徳もいれば、相撲の大関もいる。
このように見てくると、この本の中に流れている思想は、どの話にも云えることであるが、「成功の秘訣」とは、突き詰めれば、昔或る高僧が云われているように「本人の努力」「他人の援助」そして「神仏の加護」の三要素が必要ということになるであろうか。
少年時代の私は、この本を手元に置いてよく読んでいた。特に興味を惹かれる話は、何度でも繰り返して読んだものである。そして何年か間をおいて、又、読み返して見る。そうすると、同じ内容でも、読む時代ごとに感じ方というか、理解の仕方が少しづつ違ってきていたと思う。
兎も角、この本は、私にとって母から授かった「わが青春のバイブル」であったと思っている。
この本は百十一話から構成されているが、内容的に今の世情にそぐわないと思われるもの、破損、汚損などのため、内容が読み取れないものを除き、九十一話を撰び出し、その復刻と若干の解説を試みたものである。

著者のプロフィール

昭和11年兵庫県で生まれ、県立北条高校卒業。
昭和31年兵庫県警察官拝命、約40年間勤務。
その間網干署長、神戸水上署長、西宮署長を歴任し、平成9年、県警本部生活安全部長を最後に定年退職。
平成26年秋の叙勲で瑞宝小授章を受章。

退職後は兵庫県加西市所在の古法華石彫アトリエ館に所属し、十一面観音菩薩立像、釈迦涅槃像、七福神石像の外薬師三尊磨崖仏、阿弥陀如来磨崖石像及び達磨尊者磨崖石像など30数体の石仏を彫る。
現在も仲間と共に石仏を彫っている。

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  • (登録がありません)
この書籍をチェックされたお客様は ↓こんな書籍↓ もチェックされています♪