電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(詩・短歌・俳句)(24/28)

清沢桂太郎詩集 道に咲く花 : 清沢 桂太郎 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 清沢桂太郎詩集 道に咲く花

著者: 清沢 桂太郎  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(詩・短歌・俳句)
ページ数: 112
サイズ: A5

書籍形式








 


本の要約

私は喜寿(77歳)を前にして、私の詩に対する能力の限界を感じ始めました。経済的にも強い制約がかかり始めました。この辺で、これまで私が発表してきた作品の中から選んだ作品を中心に、それらをいくらか添削したり、新たな作品を数篇加えて、私の詩作という一つの文学活動のまとめをしてみようと思い立ちました。それが、第九詩集です。
詩人の中には、喜寿を超えてもまだ旺盛に詩作を取り組んでおられる方々がおられます。これは持って生まれた能力ですので、仕方がありません。私は喜寿で、自分の人生の文学での一つの区切りをつけようと思いました。

著者のプロフィール

清沢桂太郎(Keitaro Kiyosawa)

1941年 千葉県市川市に生まれる
1960年 市川高校(市川学園)卒業
1961年 大阪大学理学部生物学科入学
1965年 大阪大学理学部生物学科卒業
1969年 大阪大学大学院理学研究科生理コース博士課程中退 理学博士
1969年-2005年 
大阪大学大学院基礎工学研究科生物工学分野、及び生命機能研究科に勤務
植物細胞生理学・植物生理学・生物物理化学・溶液化学を研究

所属  関西詩人協会 日本詩人クラブ 溶液化学研究会

●既刊詩集
   第一詩集『シリウスよりも』(竹林館 2012年) 
第二詩集『泥に咲く花』(竹林館 2013年)
   第三詩集『大阪のおじいちゃん』(竹林館 2014年)
   第四詩集『ある民主主義的な研究室の中で』(竹林館 2014年)
   第五詩集『風に散る花』(竹林館 2015年)
   第六詩集『臭皮袋の私』(書肆侃侃房 2016年)
   第七詩集『宇宙の片隅から』(書肆侃侃房 2016年)
   第八詩集『浜までは』(BookWay 2019年)
   第九詩集『道に咲く花』(BookWay 2019年)
   第十詩集『若き日の悩み』(BookWay 2021年)

●自然科学書『細胞膜の界面化学』(学術研究出版 BookWay 2020年)

著者からの書籍PR

私たちは、生まれ、成長し、幼年期、思春期、青年期、壮年期を経て、老年期を迎えます。この間に私たちを取りまく様相は変化し、私たち自身もいろいろな経験を積むと、見えてくる景色も、若い頃とは異なって見えてきます。
私たちの存在とは何か。私たちの実存とは何か。本詩集は、子どもの頃から神経質で、内向的で、悩み、苦しみの多かった一人の人間の喜寿(77歳)を過ごしつつある年で、詩をいう文学の一形式でまとめてみた感慨です。

著者のブログ

  •