電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(詩・短歌・俳句)(18/38)

パンドラ  : 「パンドラ」刊行委員会 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: パンドラ

著者: 「パンドラ」刊行委員会  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(詩・短歌・俳句)
ページ数: 198
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook One
特記: 電子書籍の閲覧方法

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

<エドワード・レビンソンと水崎野里子の日英連句>
a rainy night/ waiting for you/tears of light
雨の夜/ 君を待つ/ 涙の光    edo
teardrops bright/ weeping iris flower/ tender the night
光る玉/ 泣くアイリスに/ 夜優し    noriko>

『パンドラIV』はパンドラ・シリーズの4番目で、バイリンガルあるいは多言語使用の形式で日本から発信の国際性を狙います。すなわち国籍・言語・ジャンルの差を越え、詩・短歌・俳句・エッセイ・フォト・絵画・イベントポスター他、多様で型破りの本を企画しています。参加詩人も日本詩人ばかりではなく今回はアメリカ詩人4人(一人は日本在住・日本語堪能)、韓国詩人2名、ドイツ出身で現在日本在住の詩人1名の参加をいただいています。内容はさまざまで自由な意見と情報の発信を期しています。賞を出していますが、本年のパンドラ賞は薬師川虹一さんの詩集・写真集『石佛』です。薬師川さん撮影の石佛の写真を、是非ご覧ください。他にベルリンの日本フェアのイベント報告やベルリンの壁写真も掲載です。

著者のプロフィール

水崎野里子(代表)
1949年日本、東京生まれ。
詩人、歌人、翻訳者、エッセイスト。夫、息子と共に現在は千葉県船橋市に住む。子供二名(息子。今は二名大人に成長)を育てるかたわら大学講師として若い学生に英語を教えても来た。在米経験あり。同じくアジア人と同時に女性であることの自覚意識を世界のマイノリティの詩文化・連帯へと拡げて来た。夫の国際学会同伴、やがて詩人として英語での詩の発表・スピーチ、海外旅行などの経験は多数。詩はかなりの数の外国語に訳されている。イタリア語、中国語、韓国語など。
2014年に大阪での世界詩人会議・日本大会の会長を歴任。現在はその母体となった団体、国際桂冠詩人協会:Unites Poets Laureate International の副会長。2014年度UPLI桂冠詩人。女性問題・マイノリティへの視野で賞を受けた。英語表記は2014UPLI/Poet Laureate for Women's letters. 日本では隠岐島後鳥羽院和歌大賞。早稲田大学第一文学部卒。大学院修了。