電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(詩・短歌・俳句)(30/38)

清沢桂太郎詩集 浜までは : 清沢 桂太郎 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 清沢桂太郎詩集 浜までは

著者: 清沢 桂太郎  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(詩・短歌・俳句)
ページ数: 108
サイズ: A5


※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

私は高校生の時、国語の教師から「君は理系だネ」と言われましたが、何故か詩が書きたかったのです。しかし、大学生になって詩集を買ってはみましたが、何を言おうとしているのか分かりませんでした。その後、私は普通の多くの人達とは、極めて異なる道を歩むことになりました。
50代になった頃でしょうか、詩のようなものが書け、短歌も詠めるようになりました。しかし、世間に発表してみようという勇気はありませんでしたし、どこに寄稿したらよいのか分かりませんでした。
57歳になって、ある詩のグループと短歌の結社に作品を寄稿するようになりました。第一詩集を上梓したのは70歳の時です。それから、詩集を上梓したいという強い気持ちの中で、経済的に許す範囲で、第八詩集まで上梓することになりました。老いたからといって、遅すぎるということはないのです。

著者のプロフィール

清沢桂太郎(Keitaro Kiyosawa)

1941年 千葉県市川市に生まれる
1960年 市川高等学校(市川学園)卒業
1961年 大阪大学理学部生物学科入学
1965年 大阪大学理学部生物学科卒業
1969年 大阪大学大学院理学研究科生理コース博士課程中退 理学博士

所属  関西詩人協会  日本詩人クラブ

既刊詩集
第一詩集『シリウスよりも』 (2012年 竹林館)
第二詩集『泥に咲く花』 (2013年 竹林館)
第三詩集『大阪のおじいちゃん』 (2014年 竹林館)
第四詩集『ある民主主義的な研究室の中で』 (2014年 竹林館)
第五詩集『風に散る花』 (2015年 竹林館)
第六詩集『臭皮袋の私』 (2016年 書肆侃侃房)
第七詩集『宇宙の片隅から』 (2016年 書肆侃侃房)
第八詩集『浜までは』 (2019年 BookWay)


自然科学書
『細胞膜の界面化学』 (2019年 BookWay)

著者からの書籍PR

私たちは生きている。生きているとは、成長すること。成長するとは、年をとること。成長した時、自分はもう若くはないことを自覚する。そして、現実の問題として、死があることを知る。
私は問いかける。生きているとは、どういうことなのだろうかと。そして、自分に対して、「生きているとはどういうことなのだろうか」と問い続ける中で、詩が生まれた。
私の詩集は全て、「生きているとはどういうことか」という自分への問いに対して、その時点での自分なりの答えであったり、とまどいなのです。

著者のブログ

  • (登録がありません)