電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(115/229)

名もなき「英雄たち」へ −ピュージェット湾 愛しき日々− : 岸本 美一 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 名もなき「英雄たち」へ −ピュージェット湾 愛しき日々−

著者: 岸本 美一  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 394
サイズ: 128×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式










 


本の要約

「自由」は、自らの血と涙で勝ち取ったものである。
エイミーも艦橋から身を乗り出すようにして、高速艇に向け拳銃を打ち続けた。
その時、エイミーの胸に衝撃が走った・・・・・砲声と銃声、全ての音が耳から消えた。懸命に照準を合わそうとしたが、目前がかすみ、引き金を引く指に力が入らない。その時、どこからともなく憲通の歌う「スワニー川」が聞えてきた。一八六四年八月五日・・・・・エイミー・松田、モービル湾の海戦で戦死、憲通のもとへ戦死の報届いたのは、ピュージェット湾に秋風が吹くころであった。
「本文より」

著者のプロフィール

1948年 兵庫県生まれ
1970年 天理大学体育学科格技コース卒業
1970年〜2008年高砂市内中学校教諭・高砂市教育委員会・高砂市内中学校教頭・校長
中学校柔道部顧問としての実績
全国中学校柔道大会 優勝2回準優勝1回3位1回 近畿中学校柔道大会優勝8回
現在
特定非営利活動法人 未来塾 理事長
「ミライエ」障がい者を支援する会 事務局長
沖縄小林流妙武館空手道九段・講道館柔道六段

著者からの書籍PR

沖縄には「隠れ武士」という存在があります。私が松田先生に師事を始めて四十数年の歳月が流れました。沖縄が日本に復帰した翌年からの始まりです。著書、名もなき「英雄たち」へ−ピュージェット湾・愛しき日々−は琉球空手の達人である師匠の教えと、自身の体験をもとに「人間の愛と尊厳」を史実に合わせて描き上げました。
アメリカ西海岸、ピュージェット湾を臨む街、シアトルで文脈構成をしました。

著者のブログ

  • (登録がありません)