電子ブック|詳細画面
カテゴリ:地域誌・民俗研究(9/12)

沖縄最大のタブー琉神「尚円」 : 山下 智之 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 沖縄最大のタブー琉神「尚円」

著者: 山下 智之  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 地域誌・民俗研究
ページ数: 246
サイズ: 128×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

歴史遺産の宝庫「沖縄」の地で、今も人々の心の中心にいるのが「尚円」と呼ばれる琉球王の存在だった。沖縄に移住した主人公が、謎の老人に導かれるようにして王の足跡をたどる物語。
明治維新までのおよそ400年間、沖縄を治めていた琉球王朝。その始祖王「尚円」は貧しい小作農家の子だった。5年の歳月をかけ沖縄の史跡を巡る旅を続けた著者によって、その素顔と歴史に埋もれた出来事が明らかになっていく。

著者のプロフィール

山下 智之
パイロット。大阪観光大学青山飛行クラブ顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

著者からの書籍PR

空から歴史を感じる パイロット山下智之の新刊

島、海、黄色い石、交易、海賊、大和……
地政学的視点をベースに、沖縄(琉球)史の核心を衝いた傑作。
現在と15世紀を往来する巧みな叙述で、琉神「尚円」を蘇らせる。
(大阪観光大学 学長 赤木 攻 推薦)

島を追い出された少年が400年の琉球第二尚氏の王朝を築く、実話の歴史物語。
なぜ、秀吉をしのぐ 成り上がり 皇帝になれたのか?
なぜ、家康をしのぐ400年の王朝が 作れたのか?
琉球の王が、京都室町幕府の将軍に会っていた!!
謎の多い、応仁の乱の背景に 琉球王国があった!!
400年琉球王国の成立に手を貸した 交易勢力とは???
どうして琉球王朝は応仁の乱から明治維新まで長きにわたり国を治められたのか?
謎に包まれた
実在の人物「尚円王」のタブーに迫る!!

著者のブログ

  • (登録がありません)