電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(118/211)

妖精ラーラと、その仲間達 : かしわぎ 凛章 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 妖精ラーラと、その仲間達

著者: かしわぎ 凛章  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 150
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はActiBook、iPad,iPhone,Android用はPDF

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

ひょんな事から父親が魔女から買った1枚の絵からの物語。
やがてアンドラの森に遊びに行っているあいだに、事件は起きた。
そして、梓が妖精のみんなといっしょに体験する、
アンドラの森と魔界・スランダーバールの冒険ファンタジー。
1度読んだら忘れられない、感動の短編小説です。
それに小学生から大人迄、楽しめるように、大きな文字にふりがなも打ってあります。

この作品は、平成21年8月18日の、大分を代表する新聞の朝刊に、大きく写真入りで、掲載いただき、お陰様で皆様方が大変興味を示され、今現在も、お子様から大人迄に愛読されています。また、ここに電子書籍化し、発売する運びとなり、皆様方にも、愛読されます書籍でありますよう、節に願っております。

著者のプロフィール

壮大な宇宙や、ファンタジーに魅了され、SF・ファンタジーを、書き続けている。
1949年生まれ。A型。
ペンネーム・かしわぎ凛章(りんしょう)

著者からの書籍PR

 時空を超えた不思議な出会い。
 梓と妖精との出会いは、一風変っていると思います。
 そして、やはり、妖精のおてんばメルモの行動でしょうね。
 このファンタジーは、読者が、自分だけの想像の世界に、
 思いをめぐらせ、楽しく読み進めていただければ、著者としては、最高です。
 そして、最後のワンフレーズは、誰だと思いますか?

出版本の表紙
出版本をご購入の方は、電子書籍と表紙等が異なりますことをご了承ください。(左絵)

また、本文は電子書籍と同じですが、数か所文字の修正があります。(正誤表付)

著者のブログ

  • (登録がありません)