電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(詩・短歌・俳句)(24/30)

歴地誌 森羅万象の真理 : 織部 浩道 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 歴地誌 森羅万象の真理

著者: 織部 浩道  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(詩・短歌・俳句)
ページ数: 106
サイズ: 128×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種
※紙書籍の本文は全てモノクロです。

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

自分にとって、世界って、どんなんだろう?
どういう風に、世界を知り、どこで、地理、風土、歴史に関わってきたか?
何を求めて、生まれて、生きているのか?
途中から紆余曲折し、人生の方向が変わったこと、子供の頃から関心のあった古代地誌について述べる。そして、身近な所へと帰着してゆく。

著者のプロフィール

昭和35年3月18日生、魚座、O型
明治大学大学院博士前期修了
税理士会退会
ロイヤルフロンティア、新世紀会代表
現在、文筆、アートなどをしている

著書
「森羅万象の真理を求めて」(1987)
「光の数珠」「2000年の月」(文芸社)
「空を飛んだゾウ」(新風舎)、
「風がささやく時」(カヨウ出版)
「哲学」(文芸社)
「学園ライバル」(文芸社)
「誘惑の星」(文芸社)
「Episode」(ブックウェイ)
「航海日誌」(ブックウェイ)
「会計学論考」(ブックウェイ)
「A twitter」(ブックウェイ) 他。

著者からの書籍PR

物事に不思議な事は、多い。
歴史、地理も正確にみえて不確かで、それでも、形成されている。古代の地層や宇宙の果てから、何が届くのか?
広い地球に、真理を求め、仮説を立てた。
夢に包まれた宇宙に魅せられて、神秘や謎をおいかける。
何か、自分自身が忘れていたもの、なくしたものを見つける材料になるかもしれません。
自分の道を歩むことを祈っています。
世界と自己、社会と歴史、考える事は多いと思います。何かの参考にして下さい。

著者のブログ

  • (登録がありません)