電子ブック|詳細画面
カテゴリ:研究・ノンフィクション(14/74)

『満月と魔力』の謎 : 黒木 月光 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 『満月と魔力』の謎

著者: 黒木 月光  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 研究・ノンフィクション
ページ数: 236
サイズ: 108×170

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はActiBook、iPad,iPhone,Android用はPDF

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

夜空の月があなたの運命を予告する!
 月の満ち欠けと交通事故は深い関係がある−?
長年事故の現場に携わってきた警察官としてのカンから月についての研究を始め、膨大なデータを分析した結果、月と事故との不思議な因果関係を発見した。上弦・下弦時に「ウッカリ型」事故、新月・満月時には「暴走型」事故が多発するというのだ−。
 さらに交通事故だけでなく、殺人事件や歴史的な大事件、地震や災害と月との関連を明らかにした月光学!

著者のプロフィール

黒木月光(くろき・つきみつ)
昭和27年8月福岡県生まれ。
地元の高校を卒業後、昭和48年兵庫県警警察官拝命。
垂水署勤務を皮切りに、兵庫県警察本部自動車警ら隊、高速道路警察隊などに配属後、現在交通企画課に勤務。
小学生のころより月について関心を抱き、県警入り後、交通事故の現場へ出向くうち、月齢との関連に気づき調査を始める。
平成4年その調査報告を発表し、大きな反響を巻き起こした。
小学生のときから打ち込んだ剣道は4段の腕前。ほかにも柔道初段、空手初段。両親、妻、娘二人と加古川市に在住。

コスモリズム: http://www.cosmo-japan.jp/

著者からの書籍PR

廃版となっておりました『満月と魔力の謎』が多くのファンの希望により復刻されました。 月の力がここまで人間に影響を及ぼすのか、著者の兵庫県県警の事件を元に詳細に分析しております。 
この著著のデータ分析はコスモリズムシステムとして利用され、現在は危険日カレンダーや交通事故注意日メール配信システム等に組み込まれております。
【メディア掲載実績】
 読売テレビ す・まんたん
(おしえて辛坊さんのコーナーで紹介)
  朝日新聞 TOP記事として掲載
  週刊読売 満月伝説として紹介
  週刊時事 大事故 凶悪犯罪は満月の日に起こるで紹介
  週刊新潮 月の満ち欠けと交通事故の関係で紹介
  日刊ゲンダイ 満月新月が近づいたら死亡事故に気をつけろ!で紹介

【危険日予測カレンダー利用実績】
 デリバリー協会様  秋田県交通安全協会様  銀の皿様など
【危険日予測システムコスモリズム】OPEN!あなたの注意日をメールでお知らせ