電子ブック|詳細画面
カテゴリ:法律・社会科学・心理・教育(26/51)

割合新説 : 永野 貴也 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 割合新説

著者: 永野 貴也  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 法律・社会科学・心理・教育
ページ数: 82
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

まず,従来の割合の説明でややこしい表現である,3つの要素を,基準,割合,対象と2文字の熟語で簡素化して名付けるところからはじめます。一見,難しい表現であるように思われる方もいらっしゃるかと存じますが,小学校高学年の単元でありますので,最初の導入がうまく行けば,むしろその後の説明が容易になると考えられます。最初は計算より何より優先して,この3つの要素の名付けを徹底するとよいかと思われます。
そして,いざ割合の計算をする時に,その名付けが奏功するようになっております。
あとは,割合の入門書ということで,図を多用し,最終的にはグラフも網羅しております。そこには,図やグラフなど視覚的なもので表すということが習得できるようにという目論見があります。
この書を手にとられたお子様の割合に関する理解が深まり,またご指導される方々の一助となることを,切に願っております。
割合の苦手なみんなと,割合を苦心してご指導される方々へのおすすめの割合の入門書です。どうぞお気軽に手にとってみてください。
いまだかつてなかった画期的かつオリジナリティあふれる説明が展開されています。目からウロコの割合に関する新しい説明。そして,それに基づいた計算のしかた。必ずや割合を深く理解していただく1冊。これさえ読めば,あなたも今日から割合ツウ!! になることまちがいなしの1冊です。
また,割合のご指導にあたられる先生方にも是非一読していただきたい1冊でございます。教育現場での割合の説明の一助となると言っても過言ではないと豪語できる1冊だと思っております。
それでは,みなさま,本書でお会いしましょう!!

著者のプロフィール

1981年,千葉県に生まれる。
幼少期,大阪府堺市に引っ越し,
堺市(地元)の公立小・中学校,高等学校を経て,
2001年,京都府立医科大学に入学。
在学中,大手進学塾での学習指導のアルバイトを経験し,
2007年,京都府立医科大学を卒業。
2014年現在,大阪府堺市に在住。

著者からの書籍PR

 割合の計算はむずかしいと言うひとがたくさんいます。それをこくふくするために,より簡単でわかりやすい説明を考えました。
 最初は,「これは何?」と割合の要素を名付けるところから,はじめます。一見むずかしそうに思うかも知れませんが,何度も練習することで,すぐに習得できるでしょう。
 そうして,計算の練習にうつるのです。ここで,割合の要素を名付けたことがいきます。くわしい内容は本書に書いてありますが,計算のしかたにもくふうがあります。
 割合が苦手なみなさん、そしてこのむずかしい単元をご指導される先生方,本書でぜひお会いしましょう!!

著者のブログ

  • (登録がありません)