電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(78/215)

モナドの寓話―詩的作品とエッセイ : 高橋 馨 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: モナドの寓話―詩的作品とエッセイ

著者: 高橋 馨  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 184
サイズ: B6


※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

私はこれまで表現行為である記述、あるいは、ペンで用紙に「書く行為」の総体をエクリチュールと称して、その意味を追求してきた。本書の詩的作品もエッセイもそれに沿うものと思っている。最後のエッセイ「ルソーの『夢想』を読む」は、中で一番の旧作で、インターネットのブログ(二〇〇九年九月二十一日から同年十一月二十五日まで)に連日掲載したものであり、即興的に書いたのでほとんど推敲していない。その場の思い付きの方が時間をかけた熟考よりもかえって、自分の気持ちがあらわになる場合もあると思っている。エクリチュールは過程を読むのであって、結論を知るために読むのではないのだから。

あとがきより

著者のプロフィール

高橋 馨(たかはし かおる)

1938年9月、東京都墨田区東両国に生まれる。

著書

詩的作品集
 「詩への途上で」(港の人)
 「人を訪ねる」(BookWay)

文芸評論集
 「湖の騎士のエクリチュール」(BookWay)

長編SF小説
 「Space opera classic 奇跡の回廊」(文芸社)