電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(71/171)

体験的雑学理論 おじさんの遊び方 : 成行 正太郎 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 体験的雑学理論 おじさんの遊び方

著者: 成行 正太郎  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 214
サイズ: 127×188

特記:

電子書籍(525円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

今から十九年前に書きだした、雑学理論は全て体験の元に書かれたものです。
書いては書き直し、書き足して今日に至った、今回の本はその一部・・・。
演歌は日本の大都市には必ずあるのに、名古屋にはどうしてないのか?
風鈴は何のために存在するのか?テキヤの人達は所得税を払っているのか?
世の中を斜めに見る変人.成行正太郎の究極の感性が冴える、独特の世界観・・・・
日本の文学史上に類似作がない、特別な書物である。

著者のプロフィール

三十年間日本全土にかけて開発営業で動き、遊びでも行かない所はない・・・・
豊かな人生経験と特異な才能でトークショー等も行う、他人にはマルチ人間と言われるが本人に言わせれば、何でも出来る人間とは、結局何も出来ない人間である。五十六歳でセールスを辞めて三日後には造園土木の土方をやっていた。
現在も昼間は植木屋で肉体労働、夜は小説の執筆で、頭脳労働で忙しい・・・・

正太郎の人生訓
男とは 動いてなんぼの 生き物である

この標語は額に飾られ多くの会社の事務所に張られている。