電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(177/180)

遠い記憶 : 杉山 実 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 遠い記憶

著者: 杉山 実  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 276
サイズ: 127×118

特記:

電子書籍(330円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

九州の福岡に住む春山俊介は妻帯者でありながら、接待の為に訪れたキャバクラの新人青木彩矢に惚れてしまう。
上司の紹介で見合い結婚をした俊介にとっては、妻よりも恋愛対象として彩矢は好みに近い女性だった。
生活の為にお金が必要な彩矢は、キャバクラで二三度会って、好意を持った俊介と関係が出来る。
だが妻帯者の俊介と独身の彩矢の間には、お互いが好きでも大きな溝がある。
約五年以上付き合い、彩矢も三十歳を迎え結婚に憧れる様になる。
俊介は、彩矢に恋人が出来た事を知り詰めると、彩矢は何も言わずに俊介の元を去って行った。
中年を迎えた俊介が……。
お互いの気持ちが交差する世界を描く作品。

本文「あらすじ」より

著者のプロフィール

兵庫県在住。

著作:
朝霧(2015年)
今耳に風が囁く(2015年)
縁結(2015年)
瞬きの偶然(2016年)
舞い降りた夢(2016年)
幻栄(2016年)
居酒屋の親父(2016年)
神々の悪戯(2016年)
紫陽花(2017年)
偶然の誘い(2018年)
汚された宝石(2019年)
夜の蛾(2020年)
遠い記憶(2020年)
春霞(2020年)
春の滴(2020年)
コロナ感染殺人事件(2021年)
天空の城殺人事件(2022年)
甘い城(2022年)